QREATORS

QREATORS

Tel:03-6300-6771 Mail:info@firebug.jp
株式会社QREATOR AGENT 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-32-11 Kビル3F

メディアアーティスト / 妄想インベンター・市原えつこ

喘ぐ大根から弔いのロボットまで・・・
日本人の心の奥底にある信仰心や感性を、デジタルアートで表現するアーティスト

メディアアーティスト / 妄想インベンター

市原えつこ いちはらえつこ

メディアアーティスト / 妄想インベンター

1988年、愛知県生まれ。
早稲田大学文化構想学部表象メディア論系卒業。
日本的な文化・習慣・信仰を独自の観点で読み解き、テクノロジーを用いて新しい切り口を示す作品を制作する。
アートの文脈を知らない人も広く楽しめる作品性と日本文化に対する独特のデザインから、「月曜から夜ふかし」「NHK WORLD」「日本経済新聞」「Forbes JAPAN」「Libération(仏)」をはじめ、世界中の新聞・テレビ・ラジオ・雑誌など、多様なメディアに拡散し取り上げられている。
主な作品に、大根が艶かしく喘ぐデバイス《セクハラ・インターフェース》、虚構の美女と触れ合えるシステム《妄想と現実を代替するシステムSRxSI》、家庭用ロボットに死者の痕跡を宿らせ49日間共生できる《デジタルシャーマン・プロジェクト》、秋田県のナマハゲ行事を現代の東京に移植した《都市のナマハゲ - Namahage in Tokyo》等がある。

「第20回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞」を受賞。「総務省異能vation(独創的な人特別枠)」採択。
2018年に世界的なメディアアート賞である「アルスエレクトロニカInteractive Art+部門でHonorary Mention(栄誉賞)」を受賞。
EU(ヨーロッパ連合)がアートの力でテクノロジー・産業・社会におけるイノベーションを触発するプロジェクトを表彰する「STARS PRIZE」にも同時ノミネート。

内閣官房「平成28年度オリンピック・パラリンピック基本方針推進調査:文化を通じた機運醸成試行プロジェクト」にISIDイノラボとの共同プロジェクトが採択。
米国ファッションブランド、TOMMY HILFIGERの東京ローカルアイコン"TOKYO ICONS"に選出。
主な展覧会として、「デジタル・シャーマニズム – 日本の弔いと祝祭」(NTTインターコミュニケーション・センター[ICC])、「Cyber Arts Exhibition 2018 – Ars Electronica Festival」(OK Center for Centemporary Art)、「文化庁メディア芸術祭」(オペラシティアートギャラリー)、「第11回 恵比寿映像祭」(東京都写真美術館)等。

2016年にYahoo! JAPANを退社し独立。現在フリーランス。
Photo:保田敬介

TOPICS

プロフェッショナルのための
クリエイターカタログサイト
アイデアが見つかる。
仕事が生まれる。

QREATOR=QuantumLeap×Creator
さまざまな業界で活躍する
QREATORが集まるサイトです。
このサイトを通じて
お仕事を依頼していただくことが
可能です。
QREATORSがいろいろな方とつながることで
世界に新しいワクワクが
生まれることを期待しています。