QREATORS

QREATORS

Tel:03-6300-6771 Mail:info@firebug.jp
株式会社QREATOR AGENT 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-32-11 Kビル3F

QREATORS 検索結果

「COOKQOATER(料理人プロジェクト)」
に属するQREATOR

QREATORS

CAからシェフへ、笑顔を生み出す料理人

モルソーオーナーシェフ

秋元さくら

モルソーオーナーシェフ
1980年、福井県生まれ。大学卒業後、航空会社に就職。CAとして活躍した4年の間に世界各地を訪れ、さまざまな食文化を体験するうちに料理への興味が高まり、調理師学校に入学。新宿「モンドカフェ」、白金「オー・ギャマン・ド・トキオ」などで料理の腕を磨き、2009年、にソムリエでもある夫・史彦氏とともに「モルソー」をオープンした。もともと接客業が好きだったことも、飲食業界に飛び込んだ理由だと話す秋元さん。お客と距離の近いオープンキッチンを採用し、カウンター越しにかわす会話も楽しめる店に。「おいしかった!」「また来るよ!」そんなお客様の笑顔に会いたくて、フランス料理の命であるソースはもちろん、毎日焼き上げる自家製パンなど料理はできるだけいちから手づくりにこだわり、自分らしい料理を追求している。

CONTENTS 記事

2015-08-05

フランス大使も認める秋元さくらシェフおすすめの「若狭の岩牡蠣」の魅力

2014-07-04

おもてなし上手のオードブルレシピー予約の取れないビストロ『モルソー』の特製メニュー 発売

MEDIA出演情報

2017-05-30

NHK「あさイチ」出演

2016-12-02

フランスの美食ガイドとして名高い「ゴー・エ・ミヨ」の13カ国目となる日本版「ゴー・エ・ミヨ東京・北陸2017」にMORCEAUが掲載

2016-11-26

POLA「DECENIA」動画出演

2016-08-23

マスターカード「ドリーム キッチン クラブ 食の夢を叶える、 プレミアムな料理教室」登壇

2016-08-04

ほっこりフレンチとして「icotto(イコット)」に掲載

2016-07-16

JR東日本・リゾート列車「IZU CRAILE」のメニューをプロデュース

2016-06-22

柴田書店「使えるたまごレシピ ふわふわ、トロトロ、つるり、しっとり。おつまみからデザートまで和・洋・中114品」を発売
QREATORS

「清く!正しく!美しく!明るく!強く!」恵比寿の鮨番長

鮨屋小野 店主

小野淳平

1973年群馬県生まれ。小さな頃から商売に憧れ、小学校の卒業文集には「自分のお店を持つ!!」と書いていた。お勤めの一般家庭に育った小野氏は17歳の時に「自分は鮨屋になる!!」と決め、高校卒業と同時に地元群馬の鮨店に就職。すると1年後には更なる高みを目指し、体一つで上京。都内の名店で15年御修行を経て、2007年12月に東京恵比寿「鮨 小野」を開店させる。各界著名人や美食家を味と誠実な接客で魅了させ活躍する傍ら、ボランティア活動にも積極的に参加。(農水省「和食給食応援団」メンバー)東北での復興イベントや鮨料理教室にも精を出し、最近では、包丁一本で海を渡ることもある実力派。2015年12月に開店8年を機に店名を「鮨屋 小野」と改め同じ恵比寿に移転リニューアルオープンを果たした。
鮨一筋でありながらユーモアあふれる人柄で、モットーは「清く!正しく!美しく!明るく!強く!」。

MEDIA出演情報

2016-05-19

フジテレビ「#ハイ_ポール」に出演

2016-02-24

幻冬舎「GOETHE 4月号」に掲載

2016-02-20

実業之日本社「ワッグル 4月号」に掲載

2015-04-28

フジテレビ「#ハイ_ポール」に出演
QREATORS

日本で最も有名な板前

賛否両論 店主/料理人

笠原将弘

賛否両論 店主、料理人
1972年、東京生まれ。「正月屋吉兆」で9年間修業後、武蔵小山にある実家の焼鳥店「とり将」を継ぐ。店の30周年を機に一旦店を閉め、2004年、恵比寿に自身の店「賛否両論」を開店。2013年、名古屋に「賛否両論名古屋」、2014年、広尾に「賛否両論メンズ館」を開店。和食給食応援団東日本代表を務めるなど、和食推進活動にも力を注いでいる。基本的な家庭料理から専門料理まで、和食の魅力を伝える著書も多数。私生活では、ビールをこよなく愛する3児の父。

MEDIA出演情報

2017-05-12

本棚に並べておける美味しい缶詰9食分入り防災ブック「東京備食」の料理監修

2017-03-01

新宿伊勢丹本館地下1階に「賛否両論笠原商店」がオープン

2017-02-14

キリン 本搾りCM「コンビニ懐石」篇に出演

2017-02-01

「ホイップマリーム」監修のレシピ動画も期間限定で公開

2016-06-04

東海ラジオ「笠原将弘の賛否両論!」に出演

2016-02-18

賛否両論 料理<デザート>

2016-02-18

賛否両論 料理<土鍋ご飯>

2016-02-18

賛否両論 料理<揚げ物>

2016-02-18

著書写真 和食の魅力を伝える著書は30冊を超える

2016-02-18

和食給食応援団 2011年から活動に参加、小学校に出向いて食育授業を行う

2016-02-18

恵比寿店外観 恵比寿駅から徒歩15分の住宅街に佇む恵比寿店
QREATORS

テレビの枠に収まらないグルメと恋愛の専門家

放送作家/COOKQOATER主宰

すずきB

放送作家、COOKQOATER主宰 早稲田大学在学中、講談社「Hot‐DogPRESS」のライターをする傍ら、「さんまのナンでもダービー」で放送作家デビュー。 「ウンナンの炎のチャレンジャー」「学校へ行こう!」「ウンナンのホントコ」「内村プロデュース」「桑田佳祐の音楽寅さん」などを経て2004年「魂のワンスプーン」を企画。 「業界人がススめる魂のレストラン」の出版を機に食にまつわる番組「龍虎飯店」「FoodDictionary」「嗚呼!花の料理人」などを企画・構成。2016年現在「秘密のケンミンSHOW」「ぷっすま」「ヒルナンデス」などを担当。 料理番組が舞台の漫画「食べもの愛がハンパない」の原案も手がける。2009年「CHEF-1」を立ち上げ、コラボディナーイベントなどを企画。2016年6月、新進気鋭シェフたちのプロジェクト「COOKQOATER」を主宰し、食べれる防災ブック「東京備食」を料理監修。2016年9月、書籍「浮気とは『午前4時の赤信号』である」(ワニブックス)を上梓。幸せな結婚・恋愛・浮気にまつわる独自の理論を展開し、話題となっている。

MEDIA出演情報

2017-03-29

渋谷のラジオ「出会いの渋谷」ゲスト出演

2017-01-06

セブン&アイのショッピングサイト「オムニセブン」にて“食べられる防災ブック”『東京備食セット』の予約受付開始

2016-12-06

週プレNEWS インタビュー記事掲載

2016-11-30

Walker PLUS チーズアイス研究所「女性を口説けるバル!敏腕放送作家オススメのとろけるチーズメニューとは?」掲載

2016-11-23

テレビ埼玉「マチコミ」生ゲスト出演

2016-11-21

文化放送「ロンドンブーツ1号2号 田村淳のNews CLUB」11/21、11/28ゲスト出演

2016-11-05

「日刊ゲンダイDIGITAL」インタビュー記事

2016-11-04

「R25」取材記事掲載

2016-10-27

「みきーるの女子マインド学」対談記事掲載

2016-09-26

『浮気とは「午前4時の赤信号」である。~幸せな結婚と恋愛のリアル法則~』(ワニ・プラス)発売
QREATORS

東京中華料理界の若き番長

麻布長江 オーナーシェフ

田村亮介

麻布長江 オーナーシェフ
家業が中華料理店という環境で育ち、シェフの道を志す。調理専門学校卒業後、複数の店舗での経験を経て、四川料理「麻布長江」で長坂氏に師事。10年ほどの修行後、台湾での研修経験を積み、帰国後麻布長江西麻布店料理長に。2009年「麻布長江 香福筵」のオーナーシェフに就任。化学調味料を一切使用しないという方針を持ち、天然調味料を手作りし、日本の素材を主役とした日本人だからこそ表現できる中国料理を皆様に感じて頂きたいという想い、「一皿の口福」というコンセプトに信念を持って、料理を提供している。

MEDIA出演情報

2017-04-06

『料理王国』5月号にて 「知れば知るほど奥深い『乾物』使いの知恵と技」の特集に掲載

2017-04-06

『料理通信』5月号にて「勢力拡大中! 新世代中華シェフファイル」に掲載

2017-04-02

日本発開催 「四川フェス」に参加

2017-03-24

AbemaSPECIALチャンネル 「食いしん美女 滝沢カレンが行く 中華篇~麻布長江~」に出演

2017-03-18

柴田書店『専門料理』4月号  「柴田中国料理研鑽会」に掲載

2017-02-19

柴田書店『専門料理』3月号 「柴田中国料理研鑽会」に掲載

2017-01-19

柴田書店『月刊専門料理2月号』 「中国料理研鑽会」掲載

2017-01-18

NHK BS-プレミアム 『おかわり!にっぽん』にて「紅ずわい蟹で家庭で簡単にできるカニ缶料理」を紹介

2017-01-13

VOLVOとのコラボレーション『酢麻婆(スマボ/SMAVO)』を開発

2016-12-19

『月刊専門料理』2017年1月号 「中国料理研鑽会」掲載

2016-12-01

『フードライフ』2016年12号 中国料理特集にて「トップシェフの最新料理」掲載

2016-11-19

『月刊専門料理』2016年12月号にて「中国料理研鑽会」掲載

2016-11-02

11/2〜15 新宿伊勢丹 地下1階 Kitchen stage にて 麻布長江 香福筵 <口福四川>フェアを開催

2016-10-19

柴田書店『月刊専門料理』にて新連載「中国料理研鑽会」がスタート

2016-09-05

2016年9月5日(月)・6日(火) 「第6回世界料理学会 in HAKODATE」にて「中国料理における酢の活用法」をテーマにしたトークセッションに参加

2016-08-10

KDDI「au WALLET Market 1周年記念 サマー! SUMMER! お客サマ感謝キャンペーン!」 にて 「au WALLET Market (auショップ)」だけのオリジナル商品を開発

2016-06-22

柴田書店「使えるたまごレシピ ふわふわ、トロトロ、つるり、しっとり。おつまみからデザートまで和・洋・中114品」を発売

2016-06-15

東京ガス+Gセミナーにて 「中国の乾貨のもどし方と料理」 について科学的な解析を交えながら デモンストレーションを行う

2016-04-26

エイ出版社「今さら聞けない大人のたしなみ」にて中国料理を担当

2015-12-01

『フードライフ』2015年12号 「トップシェフの最新&魚料理」 掲載
QREATORS

日本料理にあたらしさを伝えたパイオニア

鈴なり 店主

村田明彦

鈴なり 店主
1974年東京都生まれ。祖父がふぐ屋を経営していたことから料理人を志す。老舗日本料理店「なだ万」で13年間修業を積み、2005年同店を創業。若いお客様にも足を運んでいただきたいという想いから、本格的なコースをリーズナブルに提供し、老若男女から高く支持されている。 時には。スパイスやチーズといった和食ではタブーとされる食材も柔軟に取り入れ、古典に縛られないオリジナルの料理を追及。予約困難な人気店となり、ミシュランの1ツ星も獲得している。気さくな人柄の村田氏は、誰もがわかる簡単なレシピ開発も得意で、テレビをはじめ各種メディアでも活躍中。

CONTENTS 記事

2017-03-01

岡村製作所「WAVE+」にインタビュー記事掲載

MEDIA出演情報

2017-06-13

ホウドウキョクにてインタビュー掲載 「一人ひとりに合わせたコース料理で『ミシュラン一つ星』に。気鋭料理人から学ぶ“仕事術” 」

2017-03-30

キッコーマン「いつでも新鮮 味わい贅沢生しょうゆ「超特選の生」」CMに出演

2017-03-17

AbemaSPECIALチャンネル『食いしん美女 滝沢カレンが行く和食篇~鈴なり~』に出演

2017-01-17

NHK「TVシンポジウム「和食文化が子どもの未来をひらく」に出演

2016-12-26

日本テレビ「ヒルナンデス」出演

2016-08-20

「シェフごはん」〜ピックアップシェフとして村田明彦氏の記事が掲載〜後編

2016-08-15

「シェフごはん」〜ピックアップシェフとして村田明彦氏の記事が掲載〜前編

2016-06-13

日経ビジネスで村田明彦氏のレシピが公開

2016-05-12

その道のプロ×道具 特集vol.1 鈴なり 村田明彦〜 Good Kitchenで掲載
QREATORS

「飲食」を五感で味わう新劇場

六花界 店主/焼肉シェフ

森田隼人

六花界グループ代表、CROSSOM MORITAオーナーシェフ1978年、大阪府生まれ。近畿大学理工学部を卒業後、建築関連の会社に就職し25歳で起業。建築デザイン事務所「m-crome」設立する。その後NPO法人診断士協会を買収し、商店街活性事業と街路面整備をリンク。リサイクル事業を広げ「デジタルドレスデザイン事務所」設立。 飲食店のスタートは2009年7月。神田のガード下に「六花界」をオープン。TV・雑誌などメディアにも多数取り上げられるほどの人気店に。その後、会員制肉割烹「初花一家」をはじめ、会員制肉懐石「吟花」、会員制焼肉バル「五色桜」など、肉と日本酒をテーマに会員制の店舗をオープン。そして、その全てが繁盛店に。2016年、クラウドファウンディングで焼肉業界初の1000万円超えの支を得て「CROSSOM MORITA」をオープン、焼肉業界初のシェフとして各種イベントや講演出演多数。日本酒をこよなく愛し、日本酒の普及活動も行っている。多彩な才能を持ち、プロボクサー(JBCライセンス)、トレーナー、モデルとしても活躍。建築デザイナーとしても活躍している。

MEDIA出演情報

2017-04-14

日本テレビ「沸騰ワード10グルメの変態さん&取材NG解禁SP」に出演

2017-03-29

日本テレビ「忍24時」出演

2017-01-24

テレビ朝日「お願い!ランキング1部」に出演

2016-10-27

TBSテレビ「櫻井・有吉THE夜会」に出演

2016-09-14

テレビ朝日「ももクロChan」に出演

2016-09-04

TBSテレビ「うまい肉!なるほど大辞典2016」に出演

2016-06-16

日本テレビ「ダウンタウンDX」に出演

2016-03-12

テレビ朝日「『ぷっ』すま」に出演

2016-03-06

日本テレビ「ヒルナンデス!」に出演

2015-11-21

テレビ東京「Crossroad(クロスロード)」に出演

2015-10-27

六花界グループ5店舗と酒蔵9蔵とのコラボ、肉と日本酒の祭典「The Project Japan vol.6〜肉と日本酒の宴〜」を開催

2015-06-15

テレビ朝日「ワイド!スクランブル第2部」

2015-05-23

フジテレビ「チャンネルΣ・全力!脱力タイムズ傑作選」に出演

2015-04-17

フジテレビ「全力!脱力タイムズ」に出演

2015-03-13

TBS「ぴったんこカン・カン」に出演

2015-01-01

「大繁盛の秘密教えます! 激セマ立ち飲み焼肉店『六花界』」だけに人が集まる理由」 (角川フォレスタ)出版

2015-01-01

DVD「フードスタジアムセミナーDVDシリーズVol.3『悪立地、悪条件で勝つ!』モリタハヤト」
QREATORS

ラーメン業界の革命児

株式会社麺屋武蔵 代表取締役

矢都木二郎

株式会社麺屋武蔵 代表
1976年、埼玉県生まれ。創業者、山田 雄のイズムを継承し、常に「革新的で上質」なラーメン店作りを目指す。 ラーメン界の新しい取り組みとして、コラボレーション商品を多数提案、ロッテ、獺祭、などメジャーな所から、生産者や自治体など、マイナーな所まで、幅広くコラボレートして、多くの革新的なラーメンを生み出す。「チョコレートからフルーツまで、ラーメンにできない食材はない」と豪語し、ラーメンの無限の可能性に挑戦し続けている。 ラーメンの創作活動の傍、経営者として、業界の職種的地位向上に尽力。さらに職場環境、待遇の積極的改善、「料理ボランティアの会」を通じてのボランティア活動などを積極的に行っている。 ■主な経歴 ・2001年 麺屋武蔵 入社 ・2003年「麺屋武蔵 武骨」店主に就任 ・2004年「麺屋武蔵 新宿総本店」店長に就任 ・2013年「株式会社 麺屋武蔵」代表取締役 社長 に就任

CONTENTS 記事

2016-09-23

ダイヤモンドオンライン「麺屋武蔵2代目社長が語る、飲食という職業の面白さ」を掲載

MEDIA出演情報

2017-02-28

「麺屋ビジネス五輪書」(学研プラス)出版

2017-02-02

ガーナミルクと麺屋武蔵がコラボしたチョコつけ麺、数量限定で発売!ニュースウォーカで掲載
QREATORS

食に彩を、新たな世界観を。

ビストロQ店主

山下九

ビストロQ店主1975年、千葉県生まれ。1993年、銀座のフランス料理店「チボリ」をはじめ、様々な店で修業、フレンチの基礎を習得。2002年には天現寺にあった鉄板焼き店で修業を重ね、翌年、西麻布にオープンした新スタイルのフレンチ鉄板焼店のシェフとなり、世間に“鉄板フレンチ”という新分野を提案し注目を浴びる。2010年、シェフのアイデアを存分に生かした大人食堂「Bistro Q」を赤坂にオープン。シェフの創造する料理とパーソナリティ、そして斬新なスタイルが好評を得ている。

MEDIA出演情報

2016-06-29

渋谷のラジオ「出会いの渋谷」に出演

2016-06-05

プレジデント社「dancyu 6月号」に掲載
QREATORS

妖艶さとエンターテイメントを織り交ぜた創造者

L'appartamento di NAOKI オーナーシェフ

横江直紀

L'appartamento di NAOKI オーナーシェフ1972年、愛知県生まれ。学生時代、工業デザイナーを目指していたが、ある日、本屋で何気なく手にした一冊の料理本に感銘をうけ、近所のフランス料理店に入店、約6年にわたり、料理技術を磨いたのち、生パスタを極めたいとの思いで、イタリアへ渡る。イタリア料理の経験はなかったものの、持ち前のチャレンジ精神で帰国前の一年間はヴェネツィアのレストランにて料理長を任される、このときに看板メニューだったリゾットが評判となり、ヴェネツィアのレストランランキングで一位を獲得する。帰国後、都内数件のレストランで働いたのち、麻布十番でカウンターを主体とした、『ナオキのアパート』という意味の、L'appartamento di NAOKIをオープン、イタリア料理の固定概念に縛られることなく、食はエンターテインメントの考えのもと、楽しく食べて、健康になる料理には色気(エロ)が必要と日々、食材に向き合う。

MEDIA出演情報

2017-04-03

BS-TBSにて「魔法のワンスプーン」に4月(4週分)出演

2017-03-31

AbemaSPECIALチャンネル「食いしん美女 滝沢カレンが行くイタリアン篇~ラパルタメント ディ ナオキ~」に出演

2016-01-21

「東京カレンダー」3月号特集「秘密の麻布十番。」に「L'appartamento di NAOKI」が掲載
その他お問合せ

03-6300-6771

info@firebug.jp

プロフェッショナルのための
クリエーターのカタログサイト
アイデアが見つかる。
仕事が生まれる。

プロフェッショナルの
目線に合わせた独自のカテゴリ、
今話題の情報、時期に合わせた
旬のキーワードを軸に
あなたが求めるQREATORを
ご紹介します。