Headlogo
about

Profile | プロフィール

よしふじ・おりぃ/分身ロボットの父、株式会社オリィ研究所 代表取締役 所長
小学5年~中学3年まで不登校。
高校時代に行った電動車椅子の新機構の発明により、国内最大の科学技術コンテストJSECにて文部科学大臣賞、 世界最大の科学技術コンテストISEFにてGrand Award 3rdを受賞。 その後寄せられた多くの相談と自身の療養経験から、孤独の解消を志す。
高専にて人工知能を研究した後、早稲田大学にて2009年から孤独解消を目的とした”分身ロボット”の研究開発を独自のアプローチで取り組み、 自分の研究室を立ち上げる。
2012年株式会社オリィ研究所を設立、代表取締役所長。
分身ロボット"OriHime"、神経難病患者のための視線文字入力装置"OriHime-eye"を発明、その他バリアフリーマップの開発に関わっている。

2014年、日本武道館で開催された「みんなの夢AWARD4」では、オーディエンス約1万人の前でALS患者が目だけで遠隔操作する2足歩行分身ロボットを披露し優勝。
青年版国民栄誉賞「人間力大賞」、スタンフォード大学E-bootCamp日本代表ほか、Googleインパクトチャレンジグランプリ、AERA「日本を突破する100人」、フォーブス誌が選ぶASIAを代表する青年30人 などに選ばれる。

オリィ研究所オフィシャルサイト
分身ロボット「OriHime」 公式サイト

よしふじ・おりぃ/分身ロボットの父、株式会社オリィ研究所 代表取締役 所長
小学5年~中学3年まで不登校。
高校時代に行った電動車椅子の新機構の発明により、国内最大の科学技術コンテストJSECにて文部科学大臣賞、 世界最大の科学技術コンテストISEFにてGrand Award 3rdを受賞。 その後寄せられた多くの相談と自身の療養経験から、孤独の解消を志す。
高専にて人工知能を研究した後、早稲田大学にて2009年から孤独解消を目的とした”分身ロボット”の研究開発を独自のアプローチで取り組み、 自分の研究室を立ち上げる。
2012年株式会社オリィ研究所を設立、代表取締役所長。
分身ロボット"OriHime"、神経難病患者のための視線文字入力装置"OriHime-eye"を発明、その他バリアフリーマップの開発に関わっている。

2014年、日本武道館で開催された「みんなの夢AWARD4」では、オーディエンス約1万人の前でALS患者が目だけで遠隔操作する2足歩行分身ロボットを披露し優勝。
青年版国民栄誉賞「人間力大賞」、スタンフォード大学E-bootCamp日本代表ほか、Googleインパクトチャレンジグランプリ、AERA「日本を突破する100人」、フォーブス誌が選ぶASIAを代表する青年30人 などに選ばれる。

オリィ研究所オフィシャルサイト
分身ロボット「OriHime」 公式サイト

Media | メディア出演実績

Contact | お問い合わせ

[tel]03-6434-7303 [mail]contact@qreators.jp

よしふじ・おりぃ/分身ロボットの父、株式会社オリィ研究所 代表取締役 所長
小学5年~中学3年まで不登校。
高校時代に行った電動車椅子の新機構の発明により、国内最大の科学技術コンテストJSECにて文部科学大臣賞、 世界最大の科学技術コンテストISEFにてGrand Award 3rdを受賞。 その後寄せられた多くの相談と自身の療養経験から、孤独の解消を志す。
高専にて人工知能を研究した後、早稲田大学にて2009年から孤独解消を目的とした”分身ロボット”の研究開発を独自のアプローチで取り組み、 自分の研究室を立ち上げる。
2012年株式会社オリィ研究所を設立、代表取締役所長。
分身ロボット"OriHime"、神経難病患者のための視線文字入力装置"OriHime-eye"を発明、その他バリアフリーマップの開発に関わっている。

2014年、日本武道館で開催された「みんなの夢AWARD4」では、オーディエンス約1万人の前でALS患者が目だけで遠隔操作する2足歩行分身ロボットを披露し優勝。
青年版国民栄誉賞「人間力大賞」、スタンフォード大学E-bootCamp日本代表ほか、Googleインパクトチャレンジグランプリ、AERA「日本を突破する100人」、フォーブス誌が選ぶASIAを代表する青年30人 などに選ばれる。

オリィ研究所オフィシャルサイト
分身ロボット「OriHime」 公式サイト

よしふじ・おりぃ/分身ロボットの父、株式会社オリィ研究所 代表取締役 所長
小学5年~中学3年まで不登校。
高校時代に行った電動車椅子の新機構の発明により、国内最大の科学技術コンテストJSECにて文部科学大臣賞、 世界最大の科学技術コンテストISEFにてGrand Award 3rdを受賞。 その後寄せられた多くの相談と自身の療養経験から、孤独の解消を志す。
高専にて人工知能を研究した後、早稲田大学にて2009年から孤独解消を目的とした”分身ロボット”の研究開発を独自のアプローチで取り組み、 自分の研究室を立ち上げる。
2012年株式会社オリィ研究所を設立、代表取締役所長。
分身ロボット"OriHime"、神経難病患者のための視線文字入力装置"OriHime-eye"を発明、その他バリアフリーマップの開発に関わっている。

2014年、日本武道館で開催された「みんなの夢AWARD4」では、オーディエンス約1万人の前でALS患者が目だけで遠隔操作する2足歩行分身ロボットを披露し優勝。
青年版国民栄誉賞「人間力大賞」、スタンフォード大学E-bootCamp日本代表ほか、Googleインパクトチャレンジグランプリ、AERA「日本を突破する100人」、フォーブス誌が選ぶASIAを代表する青年30人 などに選ばれる。

オリィ研究所オフィシャルサイト
分身ロボット「OriHime」 公式サイト

PHOTO:木村心保

このページが気に入ったら「いいね!」

Qreatorsの最新情報をお届けします