Headlogo
about

Profile | プロフィール

やました・じゅん/京都大学iPS細胞研究所 教授/幹細胞・再生医学研究者
1965年 京都生まれ。
1990年京都大学医学部卒業。
1993年京都大学大学院医学研究科内分泌代謝内科(当時:中尾一和教授)博士課程。高血圧を主たる専門とする内科医になる。大学院生として研究も開始し、初めてピペット握って実験をする。
1998年 医学博士。京都大学医学部分子遺伝学(当時:西川伸一教授)でポスドクとしてES細胞研究を開始し、本格的に基礎研究というものに触れる。
2000年 論文がNature誌に掲載される。分子遺伝学助手となり、基礎医学・再生医学が仕事の中心となる。
30代半ばで大きく方向転換、幹細胞生物学者・再生医学者として再スタートする。
2002年に同・助教授。
2003年京都大学再生医科学研究所(当時:中辻憲夫所長)・幹細胞分化制御研究領域で、独立助教授として自身のラボを持ち研究者として独立する。
2006年「ES細胞・iPS細胞研究を続けよ」という啓示か、山中伸弥教授が自身の上階でiPS細胞を樹立する。
2008年京都大学iPS細胞研究センター准教授(兼任)。
2012年には京都大学iPS細胞研究所(CiRA)(山中伸弥所長)の教授(現職)となる。
2013年iHeart Japan株式会社共同設立。心臓再生を日本中世界中に普及させることを目指して悪戦苦闘中。
現在、専門分野は幹細胞生物学・再生医学。
ES細胞やiPS細胞といったいわゆる万能の幹細胞から、おもに心臓や血管の細胞を作り出し、心臓再生を実現することを一つの目標としている。「いろんな細胞が幹細胞からどうやってできるのか?」に関する基礎的研究から、心臓再生による「治療を実現する」ための応用的な研究まで幅広く手がけている。

京都大学 iPS細胞研究所CiRA(サイラ)
山下研究室(改装中)
山下研究室NEWS

やました・じゅん/京都大学iPS細胞研究所 教授/幹細胞・再生医学研究者
1965年 京都生まれ。
1990年京都大学医学部卒業。
1993年京都大学大学院医学研究科内分泌代謝内科(当時:中尾一和教授)博士課程。高血圧を主たる専門とする内科医になる。大学院生として研究も開始し、初めてピペット握って実験をする。
1998年 医学博士。京都大学医学部分子遺伝学(当時:西川伸一教授)でポスドクとしてES細胞研究を開始し、本格的に基礎研究というものに触れる。
2000年 論文がNature誌に掲載される。分子遺伝学助手となり、基礎医学・再生医学が仕事の中心となる。
30代半ばで大きく方向転換、幹細胞生物学者・再生医学者として再スタートする。
2002年に同・助教授。
2003年京都大学再生医科学研究所(当時:中辻憲夫所長)・幹細胞分化制御研究領域で、独立助教授として自身のラボを持ち研究者として独立する。
2006年「ES細胞・iPS細胞研究を続けよ」という啓示か、山中伸弥教授が自身の上階でiPS細胞を樹立する。
2008年京都大学iPS細胞研究センター准教授(兼任)。
2012年には京都大学iPS細胞研究所(CiRA)(山中伸弥所長)の教授(現職)となる。
2013年iHeart Japan株式会社共同設立。心臓再生を日本中世界中に普及させることを目指して悪戦苦闘中。
現在、専門分野は幹細胞生物学・再生医学。
ES細胞やiPS細胞といったいわゆる万能の幹細胞から、おもに心臓や血管の細胞を作り出し、心臓再生を実現することを一つの目標としている。「いろんな細胞が幹細胞からどうやってできるのか?」に関する基礎的研究から、心臓再生による「治療を実現する」ための応用的な研究まで幅広く手がけている。

京都大学 iPS細胞研究所CiRA(サイラ)
山下研究室(改装中)
山下研究室NEWS

Media | メディア出演実績

Contact | お問い合わせ

[tel]03-6434-7303 [mail]contact@qreators.jp

やました・じゅん/京都大学iPS細胞研究所 教授/幹細胞・再生医学研究者
1965年 京都生まれ。
1990年京都大学医学部卒業。
1993年京都大学大学院医学研究科内分泌代謝内科(当時:中尾一和教授)博士課程。高血圧を主たる専門とする内科医になる。大学院生として研究も開始し、初めてピペット握って実験をする。
1998年 医学博士。京都大学医学部分子遺伝学(当時:西川伸一教授)でポスドクとしてES細胞研究を開始し、本格的に基礎研究というものに触れる。
2000年 論文がNature誌に掲載される。分子遺伝学助手となり、基礎医学・再生医学が仕事の中心となる。
30代半ばで大きく方向転換、幹細胞生物学者・再生医学者として再スタートする。
2002年に同・助教授。
2003年京都大学再生医科学研究所(当時:中辻憲夫所長)・幹細胞分化制御研究領域で、独立助教授として自身のラボを持ち研究者として独立する。
2006年「ES細胞・iPS細胞研究を続けよ」という啓示か、山中伸弥教授が自身の上階でiPS細胞を樹立する。
2008年京都大学iPS細胞研究センター准教授(兼任)。
2012年には京都大学iPS細胞研究所(CiRA)(山中伸弥所長)の教授(現職)となる。
2013年iHeart Japan株式会社共同設立。心臓再生を日本中世界中に普及させることを目指して悪戦苦闘中。
現在、専門分野は幹細胞生物学・再生医学。
ES細胞やiPS細胞といったいわゆる万能の幹細胞から、おもに心臓や血管の細胞を作り出し、心臓再生を実現することを一つの目標としている。「いろんな細胞が幹細胞からどうやってできるのか?」に関する基礎的研究から、心臓再生による「治療を実現する」ための応用的な研究まで幅広く手がけている。

京都大学 iPS細胞研究所CiRA(サイラ)
山下研究室(改装中)
山下研究室NEWS

やました・じゅん/京都大学iPS細胞研究所 教授/幹細胞・再生医学研究者
1965年 京都生まれ。
1990年京都大学医学部卒業。
1993年京都大学大学院医学研究科内分泌代謝内科(当時:中尾一和教授)博士課程。高血圧を主たる専門とする内科医になる。大学院生として研究も開始し、初めてピペット握って実験をする。
1998年 医学博士。京都大学医学部分子遺伝学(当時:西川伸一教授)でポスドクとしてES細胞研究を開始し、本格的に基礎研究というものに触れる。
2000年 論文がNature誌に掲載される。分子遺伝学助手となり、基礎医学・再生医学が仕事の中心となる。
30代半ばで大きく方向転換、幹細胞生物学者・再生医学者として再スタートする。
2002年に同・助教授。
2003年京都大学再生医科学研究所(当時:中辻憲夫所長)・幹細胞分化制御研究領域で、独立助教授として自身のラボを持ち研究者として独立する。
2006年「ES細胞・iPS細胞研究を続けよ」という啓示か、山中伸弥教授が自身の上階でiPS細胞を樹立する。
2008年京都大学iPS細胞研究センター准教授(兼任)。
2012年には京都大学iPS細胞研究所(CiRA)(山中伸弥所長)の教授(現職)となる。
2013年iHeart Japan株式会社共同設立。心臓再生を日本中世界中に普及させることを目指して悪戦苦闘中。
現在、専門分野は幹細胞生物学・再生医学。
ES細胞やiPS細胞といったいわゆる万能の幹細胞から、おもに心臓や血管の細胞を作り出し、心臓再生を実現することを一つの目標としている。「いろんな細胞が幹細胞からどうやってできるのか?」に関する基礎的研究から、心臓再生による「治療を実現する」ための応用的な研究まで幅広く手がけている。

京都大学 iPS細胞研究所CiRA(サイラ)
山下研究室(改装中)
山下研究室NEWS

PHOTO:秋丸 敏哉

このページが気に入ったら「いいね!」

Qreatorsの最新情報をお届けします