Headlogo
about

Profile | プロフィール

やじま・りか/株式会社和える 代表取締役
1988年、東京都生まれ。職人の技術と伝統の魅力に惹かれ、19歳の頃から日本の伝統文化・産業の情報発信の仕事を始める。「21世紀の子どもたちに、日本の伝統をつなげたい」という想いから、大学4年時である2011年3月株式会社和えるを設立、慶應義塾大学法学部政治学部卒業。幼少期から職人の手仕事に触れられる環境を創出すべく、子どもたちのための日用品を、日本全国の職人と共につくる“0から6歳の伝統ブランドaeru”を立ち上げる。また、全国の職人とのつながりを活かしたオリジナル商品・イベントの企画、講演会やセミナー講師、雑誌・書籍の執筆など幅広く活躍している。2013年3月、慶應義塾大学院 政策・メディア研究科修士課程卒業。2013年末、世界経済フォーラム(ダボス会議)のヤング・グローバル・シェイパーズに選出される。2014年4月、書籍『和える-aeru- 伝統産業を子どもにつなぐ25歳女性起業家』を出版。第4回 DBJ女性新ビジネスプランコンペティション DBJ女性起業大賞受賞。

株式会社和える公式HP
FB
Twitter

職人の技術と伝統の魅力に惹かれ、日本の伝統文化・産業の情報発信の仕事を始める。「21世紀の子どもたちに、日本の伝統をつなげたい」という想いから、大学4年時に株式会社和えるを設立。幼少期から職人の手仕事に触れられる環境を創出すべく、子どもたちのための日用品を日本全国の職人と共につくる“0から6歳の伝統ブランドaeru”を立ち上げる。2013年末世界経済フォーラム(ダボス会議)のヤング・グローバル・シェイパーズに選出される。第4回DBJ女性新ビジネスプランコンペティション DBJ女性起業大賞受賞。

Media | メディア出演実績

Contact | お問い合わせ

[tel]03-6434-7303 [mail]contact@qreators.jp

やじま・りか/株式会社和える 代表取締役
1988年、東京都生まれ。職人の技術と伝統の魅力に惹かれ、19歳の頃から日本の伝統文化・産業の情報発信の仕事を始める。「21世紀の子どもたちに、日本の伝統をつなげたい」という想いから、大学4年時である2011年3月株式会社和えるを設立、慶應義塾大学法学部政治学部卒業。幼少期から職人の手仕事に触れられる環境を創出すべく、子どもたちのための日用品を、日本全国の職人と共につくる“0から6歳の伝統ブランドaeru”を立ち上げる。また、全国の職人とのつながりを活かしたオリジナル商品・イベントの企画、講演会やセミナー講師、雑誌・書籍の執筆など幅広く活躍している。2013年3月、慶應義塾大学院 政策・メディア研究科修士課程卒業。2013年末、世界経済フォーラム(ダボス会議)のヤング・グローバル・シェイパーズに選出される。2014年4月、書籍『和える-aeru- 伝統産業を子どもにつなぐ25歳女性起業家』を出版。第4回 DBJ女性新ビジネスプランコンペティション DBJ女性起業大賞受賞。

株式会社和える公式HP
FB
Twitter

職人の技術と伝統の魅力に惹かれ、日本の伝統文化・産業の情報発信の仕事を始める。「21世紀の子どもたちに、日本の伝統をつなげたい」という想いから、大学4年時に株式会社和えるを設立。幼少期から職人の手仕事に触れられる環境を創出すべく、子どもたちのための日用品を日本全国の職人と共につくる“0から6歳の伝統ブランドaeru”を立ち上げる。2013年末世界経済フォーラム(ダボス会議)のヤング・グローバル・シェイパーズに選出される。第4回DBJ女性新ビジネスプランコンペティション DBJ女性起業大賞受賞。

NEWS | ニュース

1) 「0から6歳の伝統ブランド『aeru』」のコンセプトと展開内容を教えてください。

「『“本”当に子供たちに贈りたい日本の“物”』=ホンモノの魅力を子どもたちに伝えていきたい」という思いから立ち上げました。「子どもたちに日本の伝統をつなぐ」ために、赤ちゃんの時から一生使い続けられるものや、代々受け継いでいけるものを生み出していこうと、全国の伝統産業品の職人、デザイナーと一緒に仕事をしています。私たちが企画を考え、イメージをデザイナーに具現化してもらい、つながりのある300以上の工房の職人さんのなかから適任の方と共に物作りをしています。一方的に伝統産業品を紹介するだけじゃなくて、皆さんに使っていただけるように“半歩先”の感覚を大切にしながら「ありそうでなかったけど、あったらいいね」というものを企画しています。デザインする職人、実際に物を作る職人、それぞれの職人のいいところを引きだして、 aeruが和えることで本当に生み出したいものを生み出しています。東京・目黒に直営店『aeru meguro』があります。定期的にイベントを行い、文化の発信拠点として機能し始めています。

2) 伝統産業品に興味を持ったきっかけはなんですか。

私自身に“伝えたい”という思いがずっとありました。伝えることで誰かが喜んでくれたり、経験を共有できたり。伝えることで、人々の価値観が変容していく、変化するというのはすごいなと感じていました。小学生のときからジャーナリストになりたいと思って大学に入学したのですが、何をどう伝えるかは具体的に考えられていませんでした。そこで、自分が一生をかけて伝えたいと感じるものを探そうと考えました。
 その時に、思いだされたのが中学高校時代の頃に所属していた茶華道部での経験でした。お茶室の中に入ると不思議と心が落ち着くのです。その理由を考えてみたときに実は、お茶室はすべて伝統産業品で構成されていることに気がついたのです。伝統産業品は人々の心に語りかけてくる、そんな感覚でした。
 私は、お金を出して物を買えるということが当たり前になっており、どのように作られるのか、なぜその価格になるのかということを意識していなかった自分に気がつきました。そこで、伝統産業品を作っている職人さんに会いに行くことにしました。初めて職人さんたちにお会いして、ものすごく衝撃を受けたのです。まさに、宝物を見つけたような、そんな感覚でした。それが私が伝統産業に惹かれ始めていることを意識した瞬間でした。

3) 起業しようと思った理由を教えてください。

日本全国の職人さんに会いに行きたいと思うようになりました。しかし、学生は時間はあるけど、お金はないので、なかなか叶いませんでした。また、私がお話を聞く間、職人さんはお仕事をすることができません。職人さんのことを伝えられる場を持って取材の仕事としてお伺いしたいと思うようになりました。そこで、若手の職人さんを取材したいという企画書を作って、お願いしたところ、JTBさんの冊子や週刊朝日さんで連載を持たせていただくことになり、大学在学中の3年間、職人さんたちを取材して発信し続けてきました。けれども、3年間続けても伝統産業の世界は変わりませんでした。それどころか、ますます衰退していたのです。そのとき、書いて伝えることの限界を感じました。もっと本質的に関わるにはどうしたらよいのだろう。結局は、直接職人さんにお金が渡らないと生活ができないし、お弟子さんを雇うことができません。それに、伝統産業品は使うことで本当の魅力を実感できると感じるようになりました。それであれば、物を通して日本の伝統を伝えるジャーナリストになればいい。職人さんのお仕事を生みだし、生み出したものを通して伝えていくことができれば、好循環が生まれるのではないかと思ったのがきっかけでした。
 また、日本の伝統が伝わらなくなってしまったのは、子どもたちに伝える仕組みがないからだということにも同時に気がつきました。そこで、赤ちゃん、子どもたちのために、伝統産業の技術を活かした日用品を作ろうと考えました。「日本に生まれてきてくれた赤ちゃんを日本のものでお迎えしたい。」その想いから、“本”当に子どもたちに贈りたい日本“物”=ホンモノ を贈ることができたら素敵だなと考えました。そこで、赤ちゃん・子ども向けの伝統産業品を作る会社に就職しようと考えたのですが、見つからなかったのです。仕事がないなら自分で作ろうと起業を考えました。そこで、いくつかのビジネスコンテストに出してみました。最後に出した、東京都の学生起業家選手権で優秀賞をいただいて、賞金と起業応援金の150万円を資本金に、大学4年生の最後に「株式会社 和える」が生まれました。

4) 株式会社 「和える」は、ジャーナリスト集団?

「和える」は物を売っている会社ではなくて、物を通して伝統を伝えていくジャーナリスト集団であると思っています。職業という切り口で見ると、ジャーナリストから起業家になったので、全く違うことをやっているように見えるかもしれませんが、実は変わらずジャーナリストを続けているのです。「伝える」という軸はブレていません。ですから、和えるで物を通して伝えること、本を執筆して伝えること、講演して伝えること、どれも私にとっては同じ伝えるなのです。その時々に応じて、最も伝わりやすいと思う手法で伝えているのです。自分が魅力的だなと思ったものを一人でも多くの人にお伝えして、守るのではなく、先人の知恵と今を生きる私たちの感性の本質を引き出して“和える”ことで次の世代につないでいく。発展性や革新性を開拓しながら、より魅力的な日本を次世代につないでいきたいと思っています。

5) 「和える」の中で『0から6歳の伝統ブランドaeru」の役割は?

失敗が許されない実験であり、「こういうのって必要なんじゃないでしょうか」という社会への問いでもあります。考えていることを言うだけなら簡単だし、ただそれだけじゃ、単なるきれいごとに聞こえてしまう。身を持って、体験してみて、「できたよ。だから、みんなもできるんじゃないかな」みたいな。「その方向にいかないと日本の社会ってまずいんじゃないかな」って、やっているから言えるところはあると思います。机上の空論だけでは社会は動かないと思うし、計算の限界もありますから。感性と理論の両方が必要で、それをどう和えるかが大切。私たちは、ちゃんとみんなに理解していただける言葉や表現方法を考えていきたい。

6) プロデュース事業はどのようなことを行っていますか

私たちは「本質探し」と言っているのですが、それは、職人さんたちが気づいていないすごい魅力を「和える」が見つけるのと同じような感覚で、その会社やブランドが見失っている本質や埋もれている宝物を一緒に探していくプロセスです。私たちは家庭教師のようにコツをお教えしたり、ガイドはしますが、実際に見つけていくのはその会社の皆さん。歴史や商品への思い、お客様とのつながりなど、今あるリソースをひとつずつ一緒に整理していって、本質を見える化して言語化する。必要ならば、ヒアリングをして文章を書いたり、キャッチコピーを考えたり、動画の作成をしたり、宝物を見える化するのに必要なことはなんでもやります。本質さえ見つかれば、目指す方向性が明確になるので、後はクライアント企業さんが自分たちで育てられるようになる。すでにある宝物を活かせるように内側から変えていくので、いわば東洋医学的なプロデュースなのかもしれませんね。

7) どんな会社と組みたいですか?

なんでもプロデュースするというわけではないんです。物語は作るものではなくて、すでにその会社やブランドに内在しているものを紡ぎ出すのが私たちの仕事です。背景や地域性、情熱、こだわりなど、コンテキストを再編集し、革新性を見つけ出し表現します。ですから、語るべきものがなければ商品化やブランディングができないんです。とりあえず儲かるからという理由で作られたものには、どうがんばっても物語を紡ぎ出すことはできません。人間の生きてきた歴史が変えられないのと同じですね。
 私たちの仕事を見て「和える」を必要だと思ってくださった方に、和えるの活用方法を考えてお声がけいただいて、そこからいつもお仕事がはじまります。

8) 日本経済の今と今後をどのように捉えていますか。

高度経済成長期、そしてバブルを迎えた日本。私は1988年生まれなので、ちょうどバブルが弾け、失われた20年の初めの時期に生まれました。けれども、私自身失われたと感じたことは一度もありません。物心ついたときから豊かな20年でした。ご飯も食べられるし、病院にも行ける、学校にも行ける、お誕生日やクリスマスには、欲しいものを買ってもらえました。もちろん、日本にも貧困の問題はありますが、世界規模で見たらとても豊かだと思います。本当に失われていたのでしょうか。そう感じたのは、大人たちでした。そして本当に失われたのは、経済の豊かさでなく、心の豊かさでした。失われた20年の世代が社会人になる年に、私は起業しました。心の豊かさを取り戻すために。そして、大人たちが失われたと思っていた経済も、少しは上向きになるように。文化と経済を和えることで、本当の意味での豊かな日本を目指すために。私の得た豊かな20年は、先人たちからの贈り物でした。経済大国日本を率いてくださったからこそ、失われてもなお豊かだったのです。今度は私たちが、次の豊かさを開拓していくべき時代に差し掛かっているのだと思います。先人が築いてくださった物の豊かさの礎を元に、心の豊かさについて考え始める時代がやってきているのです。「金額だけで比べたら少し高く見えても、長く使うことを考えたら安く感じる」、「愛情を持って作られたものに囲まれていたい」いうふうに、人々の心と体が動き始めているのが、今なのかなと思います。「正直者が報われる」時代に変わりつつあって、これから本質的に優れたものがいい意味でちゃんと残っていく時代になるのではないでしょうか。

9) これから目指していきたい方向性は?

「伝統ブランド『aeru』」は一番最初の事業なので、今後さまざまな事業展開をしていく予定です。日本の伝統を次世代につなぐために必要な事業を自分たちのできる等身大のペースで挑戦していきたいと思っています。「和える」としては、“経済大国日本”から“文化経済大国日本”に、変容させていくことが必要だと思っています。例えば、茶道、紅茶、珈琲、ワインなど、それぞれの文化があるからこそ、必要なグラスやコップの数が増えていきますよね。もし、これらの文化がなく、ただ液体を飲むという行為を合理的に、生命活動維持のために行っていたら、コップは1つで良くなります。そうすると、経済も発展しません。つまり、文化があるからこそ経済が活性化し、経済で生み出された資本を再び文化に再投資する、という循環を生み出すことが大切だと考えています。株式会社和えるの事業を通して、文化と経済を両立させるとはどういうことかを自分たちで体現しながら、日本の未来を切り拓いていきます。
 それを実現するためには、同じ思想を共有できる会社が増えることが一助になります。これからは、競争ではなく、共創すること時代に突入していると肌で感じています。一人でも、一つでも多くの人々や企業さんと共に、文化経済大国日本を目指すことができれば嬉しいです。

10) 他の企業さんとともに実現してみたいアイデアがあったら教えてください。

たくさんあるのですが、そうですね、ホテルや旅館のお部屋を丸ごと伝統産業の職人の技術を結集させて生み出してみたいですね。あとは、保育園や幼稚園のプロデュースも、とても興味があります。和えるの考える子どもたちの感性を磨くお手伝いをさせていただける、空間作りをやってみたいですね。
「和えるさん、こんなことできない?」と、ぜひお気軽にお声がけいただけると嬉しいです。

TEXT:安田晴美

PHOTO:神藤 剛

このページが気に入ったら「いいね!」

Qreatorsの最新情報をお届けします