QREATORS

QREATORS

Tel:03-6300-6771 Mail:info@firebug.jp
株式会社QREATOR AGENT 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-32-11 Kビル3F

料理人・ちこ

愛情料理の先にある ひかりのごはんを作る料理人

料理人

ちこ ちこ

高校生(17歳)のときに、自身の悩み、体調不良がもとであらゆる食事療法に興味を持ち、実践するも、答えに出会えず。
数々の不運がおとずれ、闇の中をさまよっていた最中、大学受験塾ミスターステップアップの塾長先生との出会いをきっかけに、人生にひかりを見出す。
その先生が作ってくれた”おむすび”に世界観がくつがえるほどの衝撃と感動をおぼえ
「水と塩と米だけで、人は幸せになれる」ということを身をもって知る。
それ以来、北極老人に師事し、料理の道を志すようになる。
「料理の味には、作り手の生き様がうつる」ということを教わり
以来、人を心から元気にする”ひかりのごはん”の作り手になれるよう、日々研鑽を重ねる。

大学を卒業した20歳のとき、北極老人を師と仰ぐメンバーたちと力を合わせ
大阪府枚方市楠葉に「御食事ゆにわ」を立ち上げる。
「ゆにわ=斎庭」という店名は、古神道の言葉で「祭事などの際、神様をお招きする場所」という意味。
「人が神様に捧げる気持ちで、食べ物をおそなえし、神様はやってくるような空間になるように」
との思いを込め、店内を神社のように見立てた。

開業3年で7割が廃業するといわれる飲食店業界において立地条件も決して良いとはいえない条件下で
さらに、自然食というものが、まだ社会にほとんど浸透していない逆境の中で
ゆにわの出店は無謀とも思える挑戦だった。

それでも、「みんなが幸せになれるごはんを広めたい」という一心で、仲間と助け合い、ひかりのごはんを作り続ける。
すると、少しずつリピーターは増え、噂が噂を呼び、口コミで全国からお客様が集まるようになる。

2008年には、北極老人の一番弟子である長尾瞳が社長となり
ゆにわの母体となる「グレイトティーチャー株式会社」が設立され、それを皮切りにして、さらに活動の幅が広がった。
翌年、23歳のときに、初の書籍『いのちのごはん』を出版。
その後、『きずなのごはん』『開運ごはん』『神様ごはん』
『運気を上げるごはんのひみつ』『福ふくごはん』と数多くのヒット作品を出版。
累計約16万部を超えるベストセラー作家となる。
雑誌「an・an」「GLOW」「sweet」「日経WOMEN」「veggy」「婦人公論」「致知」等、
女性ファッション誌から総合誌まで、幅広く取り上げられている。

女性誌「週刊女性」では、”神様と縁をつなぐ食作法”をテーマに人気コラムを一年間連載。
テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などに取り上げられ、「魔法のレストラン®」「ラジオビタミン」では特集を組まれる。

自身の講座や講演会では、「食を変えれば、生き方が変わる」ことの大切さを説いている。

2017年には、「日本人の食を守りたい」という想いに共感するメンバーが集まり
ドキュメンタリー映画『美味しいごはん』の制作を開始。
数々のベストセラー作品を世に送り出した、サンマーク出版の編集者・鈴木七沖さん
老若男女問わず、その飾らない言葉で、生きる楽しさと喜びを伝えている、作家・ひすいこたろうさん
zoffの広告、CM、ポスターなど個性的でかわいいデザインが若者に絶大な人気を誇る、アートディレクター・千原徹也さん
PVや大手企業映像など数多く手掛けた、映像ディレクター・奥田啓太監督
400人以上の経営者やトップリーダーの相談役として活躍する、ゼネラルプロデューサー・小田真嘉さん
という名だたる顔ぶれとともに、「幸せな食べ方、生き方」を伝えるべく、2018年の公開に向けて活動中。

映画製作資金を募るためにクラウドファンディングを企画したところ
わずか2ヶ月で437人から、1000万円以上もの支援が集まり日本中から、熱い期待が寄せられている。

また、自身が料理の道を志すキッカケになった大学受験塾ミスターステップアップでは
学力だけでなく、生きる力を養う教育の土台となるよう全国から集まる受験生たちに、
毎日、カラダにもココロにも優しい自然食を提供する。

ひかりのごはんによって元気になった受験生からは
「学年最下位から、第一志望に合格できた!」
「E判定から、医学部に合格した!」
といった大逆転劇が相次ぐばかりか食生活の変化を通して、長年悩まされていた持病を克服したり
1年間で体重100kgから70kgに自然とダイエットできたりといった体験談も多数。

2016年には「御食事ゆにわ」は10周年を迎え、年齢問わず、日本全国、または、海外からも、
その料理を求めて来客がたえないお店に。
また「御食事ゆにわ」の他にも植物性食材100%のらーめん専門店「べじらーめんゆにわ
厳選した茶葉を使用する日本茶・中国茶専門店「茶肆ゆにわ
スタッフと受験生たちの毎日のまかない料理を提供する「社員食堂ゆにわ
人と環境にやさしいライフスタイルを提案するグッズショップ「ゆにわマート
水、電気、音、空間にこだわったオーガニックティーサロン「白金ゆにわ
自然素材だけを使った心と体を癒やすスイーツ店「PATISSERIE Uniwa
と、「御食事ゆにわ」のみならずさまざまな「ゆにわ」で、調理やスタッフの育成に取り組んでいる。

ゆにわの料理は、食べるだけで運が開ける、と話題を呼び、さまざまな声が寄せられるようになり、
「長年、すれ違いだった夫婦仲が、急に良くなりました」
「心を患っていましたが、ちゃんと働けるようになりました」
「不妊治療をしてもダメでしたが、ついに子宝をさずかりました」
「自信が持てなかったけど、やっと仕事で活躍の場ができました」
「ずっと野菜嫌いだったウチの子が、喜んで野菜を食べるようになりました」
など、日々、たくさんの「キセキ」が生まれている。

MEDIA出演情報

2017-11-27

宝島社「お金が舞い込む! 願いが叶う! 『神社仏閣』で開運する方法」発売

2017-11-14

宝島社「sweet占いBOOK 特別編集 人生が変わる! すごい開運おそうじBOOK 2018決定版」にて『おいしく食べて幸せな私に!今日から始める 開運食生活』を掲載

2017-11-02

関西テレビ「よ~いドン!」にて『となりの人間国宝さん』に出演

2017-10-27

主婦と生活社「暮らしとごはんを整える」発売

2017-10-06

料理通信社「料理通信 2017年11月号」にて『Boook&カルチャー』を掲載

2017-09-07

BABジャパン出版局「セラピスト 2017年10月号」にて『神様とつながる幸せごはん』を掲載

2017-08-09

宝島社「お金と幸運がどんどん舞い込む! 神様に願いを叶えてもらう方法」にて『幸運をいただく「神様ごはん」』を掲載

2017-06-24

PHP研究所「なぜか願いを叶える人の『引き寄せの法則』」にて『ひかりが宿るごはんは、自分も世界も好転させる』を掲載

2017-04-25

青春出版社「いのちのごはん〈新装版〉」発売

2017-04-21

宝島社「sweet特別編集 運のいい人が知っているパワースポットガイド」にて『利益ごはん』を掲載

2017-04-07

宝島社「福ふくごはん」発売

2017-03-10

キラジェンヌ「veggy vol.51 2017年4月号」にて『7DAYS薬膳寿司』を掲載

2017-02-28

ABC朝日放送「おはようコール」にて『おきトク 社員食堂特集』に出演

2017-01-06

中央公論新社「婦人公論 2017年 1/24 号」にて『人生が好転する神様ごはんの作り方』を掲載

2016-11-10

キラジェンヌ「veggy vol.49 2016年12月号」にて『開運温活 おむすび&お味噌汁レシピ』を掲載

2016-10-19

PHP研究所「運気を上げる ごはんのひみつ」発売

2016-09-28

マガジンハウス「an・an 2016年10/5 号」にて『開運のルール。』を掲載

2016-06-17

晋遊舎「全国パワースポット ベストランキング」にて『一週間の開運朝ごはん』を掲載

2016-01-07

日経BP社「日経WOMAN 2016年2月号」にて『心が幸せで満たされる開運料理人ちこさんの塩むすび』を掲載

2015-09-15

神宮館「神様とつながる 開運ごはん」発売

2015-08-31

MBS毎日放送「水野真紀の魔法のレストラン®」にて『100人の料理人』に出演

2014-12-22

サンクチュアリ出版「運を呼び込む 神様ごはん」発売

2009-10-31

青春出版社「いのちのごはん」発売

LINK

関連 QREATORS

関連 TAG

プロフェッショナルのための
クリエーターのカタログサイト
アイデアが見つかる。
仕事が生まれる。

プロフェッショナルの
目線に合わせた独自のカテゴリ、
今話題の情報、時期に合わせた
旬のキーワードを軸に
あなたが求めるQREATORを
ご紹介します。