Headlogo
about

Profile | プロフィール

しらい・ひろみ/慶應義塾大学総合政策学部准教授/文学博士
1963年、兵庫県生まれ。甲南女子中・高・大学卒業後、社会人経験を経て、1998年に関西学院大学大学院に入学。ドイツ語学、社会言語学、メディア言語学の研究のため2003年からドイツのハノーファー大学へ進み、指導教官Peter Schlobinski教授のもとで2008年に博士号(Dr. phil)取得。帰国後、神戸大学、関西学院大学、関西大学、甲南大学で教鞭をとる。2011年に慶應義塾大学に着任し、湘南藤沢キャンパスでドイツ語のほか、ユニークなゼミや講義を展開している。「言語とコミュニケーション」をテーマに掲げた白井宏美研究室では、ユーモア・コミュニケーション研究を得意とし、これまでに、すべらない話、ローラのコミュニケーションスタイル、明石家さんまの話術、マツコ・デラックスの毒舌などを、データと理論に基づき、主に言語学(談話分析)の観点から分析している。2016年度は「芸人Pepperプロジェクト」に力を入れている。言語学×お笑い×Pepperでどのような面白いことが起きるのか期待されるところである。また、「笑いの言語学」、「ロボットの言語学」という新しい学問領域の開拓にも努めている。NHKのラジオ番組「まいにちドイツ語」(毎週月・火・水放送)の講師を務めたこともある(2012年4月~9月)。この番組は、好評につき2014年10月から2015年3月まで再放送された。
Kawaicon(kawaii + icon:メディア言語における日本のエモティコンを特徴づけたもの)の命名者でもある。

■白井宏美研究室HP
■公式Twitter
■公式facebook

しらい・ひろみ/慶應義塾大学総合政策学部准教授/文学博士
1963年、兵庫県生まれ。甲南女子中・高・大学卒業後、社会人経験を経て、1998年に関西学院大学大学院に入学。ドイツ語学、社会言語学、メディア言語学の研究のため2003年からドイツのハノーファー大学へ進み、指導教官Peter Schlobinski教授のもとで2008年に博士号(Dr. phil)取得。帰国後、神戸大学、関西学院大学、関西大学、甲南大学で教鞭をとる。2011年に慶應義塾大学に着任し、湘南藤沢キャンパスでドイツ語のほか、ユニークなゼミや講義を展開している。「言語とコミュニケーション」をテーマに掲げた白井宏美研究室では、ユーモア・コミュニケーション研究を得意とし、これまでに、すべらない話、ローラのコミュニケーションスタイル、明石家さんまの話術、マツコ・デラックスの毒舌などを、データと理論に基づき、主に言語学(談話分析)の観点から分析している。2016年度は「芸人Pepperプロジェクト」に力を入れている。言語学×お笑い×Pepperでどのような面白いことが起きるのか期待されるところである。また、「笑いの言語学」、「ロボットの言語学」という新しい学問領域の開拓にも努めている。NHKのラジオ番組「まいにちドイツ語」(毎週月・火・水放送)の講師を務めたこともある(2012年4月~9月)。この番組は、好評につき2014年10月から2015年3月まで再放送された。
Kawaicon(kawaii + icon:メディア言語における日本のエモティコンを特徴づけたもの)の命名者でもある。

■白井宏美研究室HP
■公式Twitter
■公式facebook

Media | メディア出演実績

Contact | お問い合わせ

[tel]03-6434-7303 [mail]contact@qreators.jp

しらい・ひろみ/慶應義塾大学総合政策学部准教授/文学博士
1963年、兵庫県生まれ。甲南女子中・高・大学卒業後、社会人経験を経て、1998年に関西学院大学大学院に入学。ドイツ語学、社会言語学、メディア言語学の研究のため2003年からドイツのハノーファー大学へ進み、指導教官Peter Schlobinski教授のもとで2008年に博士号(Dr. phil)取得。帰国後、神戸大学、関西学院大学、関西大学、甲南大学で教鞭をとる。2011年に慶應義塾大学に着任し、湘南藤沢キャンパスでドイツ語のほか、ユニークなゼミや講義を展開している。「言語とコミュニケーション」をテーマに掲げた白井宏美研究室では、ユーモア・コミュニケーション研究を得意とし、これまでに、すべらない話、ローラのコミュニケーションスタイル、明石家さんまの話術、マツコ・デラックスの毒舌などを、データと理論に基づき、主に言語学(談話分析)の観点から分析している。2016年度は「芸人Pepperプロジェクト」に力を入れている。言語学×お笑い×Pepperでどのような面白いことが起きるのか期待されるところである。また、「笑いの言語学」、「ロボットの言語学」という新しい学問領域の開拓にも努めている。NHKのラジオ番組「まいにちドイツ語」(毎週月・火・水放送)の講師を務めたこともある(2012年4月~9月)。この番組は、好評につき2014年10月から2015年3月まで再放送された。
Kawaicon(kawaii + icon:メディア言語における日本のエモティコンを特徴づけたもの)の命名者でもある。

■白井宏美研究室HP
■公式Twitter
■公式facebook

しらい・ひろみ/慶應義塾大学総合政策学部准教授/文学博士
1963年、兵庫県生まれ。甲南女子中・高・大学卒業後、社会人経験を経て、1998年に関西学院大学大学院に入学。ドイツ語学、社会言語学、メディア言語学の研究のため2003年からドイツのハノーファー大学へ進み、指導教官Peter Schlobinski教授のもとで2008年に博士号(Dr. phil)取得。帰国後、神戸大学、関西学院大学、関西大学、甲南大学で教鞭をとる。2011年に慶應義塾大学に着任し、湘南藤沢キャンパスでドイツ語のほか、ユニークなゼミや講義を展開している。「言語とコミュニケーション」をテーマに掲げた白井宏美研究室では、ユーモア・コミュニケーション研究を得意とし、これまでに、すべらない話、ローラのコミュニケーションスタイル、明石家さんまの話術、マツコ・デラックスの毒舌などを、データと理論に基づき、主に言語学(談話分析)の観点から分析している。2016年度は「芸人Pepperプロジェクト」に力を入れている。言語学×お笑い×Pepperでどのような面白いことが起きるのか期待されるところである。また、「笑いの言語学」、「ロボットの言語学」という新しい学問領域の開拓にも努めている。NHKのラジオ番組「まいにちドイツ語」(毎週月・火・水放送)の講師を務めたこともある(2012年4月~9月)。この番組は、好評につき2014年10月から2015年3月まで再放送された。
Kawaicon(kawaii + icon:メディア言語における日本のエモティコンを特徴づけたもの)の命名者でもある。

■白井宏美研究室HP
■公式Twitter
■公式facebook

PHOTO:栗原洋平

このページが気に入ったら「いいね!」

Qreatorsの最新情報をお届けします