Headlogo
about

Profile | プロフィール

おりゔぃあ/夫婦コミュニケーションアドバイザー、ラブライフアドバイザー
1980年、千葉生まれ。学生時代に海外留学を経て、性に関するフィールドワークを開始する。「女性のマスターベーション」をテーマに卒業論文を執筆。全国紙に取り上げられる。「世の中をご機嫌な女性でいっぱいにする!」をライフテーマに、2007年よりカップルや夫婦、性に関する総合アドバイ ザーとして活動開始。夫婦の悩みに耳を傾けているうちに、夫婦コミュニケーションの問題の根深さに気付く。テレビ、ラジオ出演をはじめ、書籍・雑誌・ブログ・SNS・ウェブサイトでのコラム執筆、東京、名古屋、京都、大阪でのセミナーの開催など、「LIVE」と「メディア」をバランスよく取り入れ、情報発信を行う。日本のみならず、世界を舞台に性生活を充実させるアイディアを発信中。著書に「誰も教えてくれなかった 飽きない!セックス」(角川マーケティング)、「最高に気持ちがいい!感じるセックス、飽きないセックス」(実業之日本社 )など。

公式HP
・公式サイトのレクチャーページに、新しい通信講座を4コース追加しましたOLIVIA講座
・今なら、先着60名様限定で無料で体験レッスンを受けられます!
  LOVEもみ ベーシック
  LOVEもみ アドバンス

【English】
Olivia is a Love adviser, Aroma therapist, and Producer of Sexual Wellness.
Olivia was born in 1980.Olivia started to work for in her field by writing a graduate thesis about “Female Masturbation.” Olivia decided her life theme as “Fill the World with Happy Woman!” and became a total adviser of sexuality since in 2007.Olivia appears on TV and radio, publishes books, writes columns in magazines, blogs, Social media, and online. Olivia presents her ideas with balanced use of “workshops” and “MEDIA” to organize workshops and has appeared in many events in Tokyo, Nagoya, Kyoto, and Osaka.Often appeared in many famous female magazines such「anan」「Nikkei WOMAN」「HARPER’S BAZZAR」「VOCE」「Tmago Club」「Sutekina Okusan」. Also, weekly magazines such 「AERA」「FRIDAY」「SPA!」 in Japan. Olivia has become an opinion leader of sexuality topcis and Articles for sexuality features in Japan.Olivia’s original couple massage named “LOVE MOMI” (invented by her experience of Aroma therapist and advising love life), has became very popular as “Night training for married life.” Having only been marketed by word of mouth, many people come to visit from all over Japan.Olivia’s original therapy, created by mixture of sexual counseling and aroma treatment, has a good reputation as “Woman can find out her femininity” and get unbridled love of body.
Olivia’s book「Best feeling of SEX, never get tired of SEX, feel more pleasure in SEX」was released on Jan16 2015 in Taiwan. Olivia introduces her idea of enjoying sexual life not only to Japan but to the whole world.

【中文】
萬人性愛治療師。
因為大學時期的畢業論文而開始對性愛進行實際調查。以「讓世上所有的女性幸福」為主題,2007年開始針對性愛主題,以指導員的身分開始活動。我是性愛治療師OLIVIA,也就是全方位的性愛顧問,受理所有關於性愛方面的煩惱,透過專欄與講座讓大家了解肌膚相親的豐富。許多人問我為什麼想當性愛治療師。那是因為我發現「女人如果想要過著愉悅的人生,那麼以愛為基礎的性生活不可或缺。我的畢業論文是以「女性自慰」為主題,深入調查女人的性愛,因此了解到日本女性在性愛方面仍然處於尚未開花結果的狀態。於是我以「讓世上的女人都能愉悅享受性愛」為主題,展開有關性愛的實地調查。性愛是極致的「肌膚相親溝通」,我學習了芳香療法與紓壓按摩,接觸到從嬰兒到年長者等不同世代的身體,深入探索「肌膚相親」之重要性。我自二○○七年開始擔任性愛治療師以來,不僅女性,也為男性進行諮商,至今累積超過一萬名男女的實際案例。

「女性のマスターベーション」をテーマに卒業論文を執筆、全国紙に取り上げられる。2007年よりカップルや夫婦、性に関する総合アドバイザーとして活動開始。夫婦の悩みに耳を傾けているうちに、夫婦コミュニケーションの問題の根深さに気付く。テレビ、ラジオ出演をはじめ、書籍・雑誌・ブログ・SNS・ウェブサイトでのコラム執筆、セミナーの開催など、日本のみならず世界を舞台に、性生活を充実させるアイディアを発信中。著書に『誰も教えてくれなかった 飽きない!セックス』(角川マーケティング)など。

Media | メディア出演実績

Contact | お問い合わせ

[tel]03-6434-7303 [mail]contact@qreators.jp

おりゔぃあ/夫婦コミュニケーションアドバイザー、ラブライフアドバイザー
1980年、千葉生まれ。学生時代に海外留学を経て、性に関するフィールドワークを開始する。「女性のマスターベーション」をテーマに卒業論文を執筆。全国紙に取り上げられる。「世の中をご機嫌な女性でいっぱいにする!」をライフテーマに、2007年よりカップルや夫婦、性に関する総合アドバイ ザーとして活動開始。夫婦の悩みに耳を傾けているうちに、夫婦コミュニケーションの問題の根深さに気付く。テレビ、ラジオ出演をはじめ、書籍・雑誌・ブログ・SNS・ウェブサイトでのコラム執筆、東京、名古屋、京都、大阪でのセミナーの開催など、「LIVE」と「メディア」をバランスよく取り入れ、情報発信を行う。日本のみならず、世界を舞台に性生活を充実させるアイディアを発信中。著書に「誰も教えてくれなかった 飽きない!セックス」(角川マーケティング)、「最高に気持ちがいい!感じるセックス、飽きないセックス」(実業之日本社 )など。

公式HP
・公式サイトのレクチャーページに、新しい通信講座を4コース追加しましたOLIVIA講座
・今なら、先着60名様限定で無料で体験レッスンを受けられます!
  LOVEもみ ベーシック
  LOVEもみ アドバンス

【English】
Olivia is a Love adviser, Aroma therapist, and Producer of Sexual Wellness.
Olivia was born in 1980.Olivia started to work for in her field by writing a graduate thesis about “Female Masturbation.” Olivia decided her life theme as “Fill the World with Happy Woman!” and became a total adviser of sexuality since in 2007.Olivia appears on TV and radio, publishes books, writes columns in magazines, blogs, Social media, and online. Olivia presents her ideas with balanced use of “workshops” and “MEDIA” to organize workshops and has appeared in many events in Tokyo, Nagoya, Kyoto, and Osaka.Often appeared in many famous female magazines such「anan」「Nikkei WOMAN」「HARPER’S BAZZAR」「VOCE」「Tmago Club」「Sutekina Okusan」. Also, weekly magazines such 「AERA」「FRIDAY」「SPA!」 in Japan. Olivia has become an opinion leader of sexuality topcis and Articles for sexuality features in Japan.Olivia’s original couple massage named “LOVE MOMI” (invented by her experience of Aroma therapist and advising love life), has became very popular as “Night training for married life.” Having only been marketed by word of mouth, many people come to visit from all over Japan.Olivia’s original therapy, created by mixture of sexual counseling and aroma treatment, has a good reputation as “Woman can find out her femininity” and get unbridled love of body.
Olivia’s book「Best feeling of SEX, never get tired of SEX, feel more pleasure in SEX」was released on Jan16 2015 in Taiwan. Olivia introduces her idea of enjoying sexual life not only to Japan but to the whole world.

【中文】
萬人性愛治療師。
因為大學時期的畢業論文而開始對性愛進行實際調查。以「讓世上所有的女性幸福」為主題,2007年開始針對性愛主題,以指導員的身分開始活動。我是性愛治療師OLIVIA,也就是全方位的性愛顧問,受理所有關於性愛方面的煩惱,透過專欄與講座讓大家了解肌膚相親的豐富。許多人問我為什麼想當性愛治療師。那是因為我發現「女人如果想要過著愉悅的人生,那麼以愛為基礎的性生活不可或缺。我的畢業論文是以「女性自慰」為主題,深入調查女人的性愛,因此了解到日本女性在性愛方面仍然處於尚未開花結果的狀態。於是我以「讓世上的女人都能愉悅享受性愛」為主題,展開有關性愛的實地調查。性愛是極致的「肌膚相親溝通」,我學習了芳香療法與紓壓按摩,接觸到從嬰兒到年長者等不同世代的身體,深入探索「肌膚相親」之重要性。我自二○○七年開始擔任性愛治療師以來,不僅女性,也為男性進行諮商,至今累積超過一萬名男女的實際案例。

「女性のマスターベーション」をテーマに卒業論文を執筆、全国紙に取り上げられる。2007年よりカップルや夫婦、性に関する総合アドバイザーとして活動開始。夫婦の悩みに耳を傾けているうちに、夫婦コミュニケーションの問題の根深さに気付く。テレビ、ラジオ出演をはじめ、書籍・雑誌・ブログ・SNS・ウェブサイトでのコラム執筆、セミナーの開催など、日本のみならず世界を舞台に、性生活を充実させるアイディアを発信中。著書に『誰も教えてくれなかった 飽きない!セックス』(角川マーケティング)など。

NEWS | ニュース

1) 「夫婦コミュニケーションアドバイザー」とは?

日本人の夫婦生活が、より豊かになるような情報発信を行っています。
主催している講座に相談に来られる方は、セックスレスのご相談が圧倒的に多いのですが、そのお悩みに向き合っていると、実はセックス以前の問題で、日々のコミュニケーションに課題があったことが分かりました。セックスレスの原因は、単にうまい、下手などの技術的な問題ではないのです。ですので、日常的なコミュニケーション方法にはじまり、ステップをちゃんと踏んだ上で、セックステクニックについてもアドバイスしています。

第一段階は、日常コミュニケーション。
挨拶、感謝の言葉、生理的嫌悪感のないボディタッチ、褒め方、いつまでも愛されるボディケア(体臭、口臭ケア)、家事まわり、お願いごと、怒らずに伝える、対話の時間を増やす、恋人気分を取り戻すデート、などお伝えします。

第二段階は、セックスレス夫婦のセックスを後押し。
カップルマッサージ「LOVEもみ」、うまいセックスの誘い方、断り方、衣食住にラブラブ要素を仕込む(媚薬食材、セックスしたくなるベッドルームづくり)などふたりの背中を押すような工夫をお伝えします。

第三段階は、具体的なセックステクニック。
セックスレスになりにくい具体的なセックステクニック&セックスに関しての対話、
セックス中のOK/NGワード&行為、LOVEポジ(お悩み解消別体位)、
年齢別セックス(産前、産後、中高年、シニア)など「またしたくなるセックス」の“いろは”をお伝えします。

2) 情報発信とおっしゃっていましたが、普段はどのような活動を行っているのですか?

表現の方法は多岐にわたりますが、テレビやラジオ、女性誌・男性誌のセックス特集のコメントや監修に始まり、本の執筆やラブグッズのプロデュース、また男女間のスキンシップコミュニケーションの講座を開設したり、カップルマッサージの実践動画を配信したりもしています。
最近は海外メディアからの取材も増え、「日本人夫婦・日本人カップルの課題」についてお話させていただいています。

3) いつからそのような研究をされているんですか?

学生時代にオーストラリアとアメリカに留学したんですが、海外では性の多様性が認められ、女性が性に対して自立していると感じたのです。一方で日本では、AVなど男性向けのアダルトコンテンツは充実していますが、女性向けの性コンテンツが少ないのが現状。そこで卒論では女性のセクシャリティをテーマに「女性のマスターベーションが歴史的にどういう扱いをされてきたか」を分析し、以来、女性の性心理・性行動を豊かにすることをフィールドワークとして取り組んできました。

4) 昨年は「婚活マンション」もプロデュースされましたね

これは“女子力が上がる婚活女性向けのマンション”というコンセプトでプロデュースさせていただきましたが、日本国内だけでなく、アメリカ、ブラジル、フランス、韓国からも取材のオファーをいただきました。性に関することは衣食住に深く結びついていて、私たちの生活のいろんな要素が関係しています。今後は衣食住を通して性生活が充実するアイテム、商品のプロデュースも行っていきたいですね。

5) 講座ではどのようなことを教えているのですか?

20歳以上の女性を対象に、スキンシップを通して男女間のコミュニケーションをより豊かにする方法を解説しています。受講者の方はそれぞれ性の悩みを抱えて講座にいらっしゃいますが、たとえば同じセックスレスでも、悩みの種類は10人いたら、10人とも違います。ですので「これが正解」というものがなく、ひとりひとりのライフスタイルやパートナーとの関係性を掘り下げて、そこからアドバイスするしかないんです。ただし、みなさんに共通して言えるのは、愛情表現がスムーズにいっていない、ということなんです。

6) セックスレスの相談はやはり多いのですか?

セックスレスで悩んでいる方は年代や未婚・既婚問わず、多くいらっしゃいますね。セックスレスというのは、パートナーとのセックス回数や満足度などが、ふたりの間で同じであれば問題ありません。たとえばふたりともセクシャルなコミュニケーションを重要視していなければ、体の関係がなくとも夫婦として成り立ち、愛情もきちんと交換できる。しかし、どちらか片方がもっとしたいのに相手に拒否される、片側だけが不完全燃焼だと、セックスレスが成立してしまうのです。

7) パートナー間の不満を埋めるためにはコミュニケーションが大切?

もちろん、ふたりがどういう原因でセックスレスになっていくのかはそれぞれですが、どのカップルにも共通するのが、日常コミュニケーションやスキンシップコミュニケーションの質が低いということです。そもそも、日本人はセックスを話題にすること自体に抵抗がありますよね。デリケートな問題だからこそダメ出しされたくない。
その結果、重大な問題が目の前にあるのに、うやむやにしてしまうんです。その結果、最初はちょっとした不満だったものが、どんどん深刻になっていき、女性は肌を触られただけで不快感を感じるようになったり、愛されていないのではと懐疑心が生まれたり、ほかの男性に目が行ってしまったり……。
一方で女性側も、みなさんがいままで受けてきた性の知識がばらばらで、性器の名称や避妊の方法など、これくらいは知ってるかなと思って話したことが分かっていないことも多い。なかには自分の性器がどうなっているのか、見たことも触ったこともないという方もいらっしゃいます。
これでは、もっとスキンシップを取りたいと考えていても、どう伝えていいのかが分かりませんよね。また、インターネットで間違った情報や信憑性のない知識を身につけてしまった人も多いです。意外と思われるかもしれませんが、講座ではまず性器の名称と構造の説明からスタートするんですよ(笑)

8) デリケートな相談が多いかと思いますが、相談を受ける際に心がけていることは?

講座の場合は性に関していろんな価値観を持った方が受講されますので、その方々が不快感を感じないような、他人の価値観を認められる受容性を養うようなスタイルを取っています。たとえば性癖についても、私はパートナーとのふたりの関係性において楽しもうという気持ちがあれば、セックスにタブーはないと思っています。むしろふたりがしっかりコミットしているかどうかが大事。
自分がセックスに対してどういうファンタジーがあり、どういうものがしたくてどういうものがしたくないのか。また、したくない行為も、やったことがなくて怖いからしたくないのか、それとも経験からしたくないのか……。
自身の快・不快、体の感覚にフォーカスすることが大切。性ととことん向き合うことで、女性は人生長い目で見たときの充実度、満足度が違ってきますので、まずは自分を知って欲しいですね。

9) 仕事を通じて、どんなときにやりがいを感じますか?

お子さんが欲しいのにセックスレスで悩んでいた方から「赤ちゃんが授かりました」とお写真を送っていただいたり、「恋人との関係が改善して結婚が決まりました」など、ご主人、恋人との関係がよりよくなったというご報告をお聞きすると、その方にとって大事な問題を解決できたお手伝いができたと思い、誇りを感じます。
ある生徒さんが私の講座を「夜の花嫁修業」と言い始めたんですが、非常に光栄です。今ではその言葉を使わせていただいているんですが、「花嫁修業」で検索して講座に来られる方もいます(笑)

10) 今後はどんな活動をしていかれるのでしょうか?

私は今まで「世の女性をご機嫌にしたい」と思ってこの活動を行ってきましたが、まだまだラブライフについて女性が気軽に相談できる場所は少ないと感じています。そこで、私と同様の考えを抱いている方に向けて、今年から“プロ”のアドバイザーを養成するための講座を開講しました。そうすることで、ひとりでも多くの女性がご機嫌になれることを目指していきたいと思います。

TEXT:織江 賢治

PHOTO:栗原洋平/森弘克彦

このページが気に入ったら「いいね!」

Qreatorsの最新情報をお届けします