Headlogo
about

Profile | プロフィール

ぬまた・あきひろ/”MC型”教師、小学校教諭
1975年東京生まれ。国立大学法人 東京学芸大学附属世田谷小学校教諭、学校図書生活科教科書著者、ハハトコのグリーンパワー教室講師。東京学芸大学教育学部卒業後、インディアナ州立ボールステイト大学大学院で学び、アメリカ・インディアナ州マンシー市名誉市民賞を受賞。スポーツ経営学の修士を修了後、同大学職員などを経て、2006年から東京学芸大学附属世田谷小学校へ。児童の自主性・自立性を引き出す斬新でユニークな授業が読売新聞「教育ルネッサンス」に取り上げられて話題に。教育関係のイベント企画を多数実施するほか、企業向けに「信頼関係構築プログラム」などの講演も精力的に行っている。
著書に『「やる気」を引き出す黄金ルール』(幻冬舎)、『ぬまっちのクラスが「世界一」の理由』(中央公論新社)がある。

ぬまっち公式twitter

東京学芸大学附属世田谷小学校教諭、学校図書生活科教科書著者、ハハトコのグリーンパワー教室講師。インディアナ州立ボールステイト大学大学院で学び、インディアナ州マンシー市名誉市民賞を受賞。スポーツ経営学の修士を修了後、同大学職員などを経て、2006年から東京学芸大学附属世田谷小学校へ。児童の自主性・自立性を引き出す斬新でユニークな授業が読売新聞「教育ルネッサンス」に取り上げられて話題に。教育関係のイベント企画を多数実施するほか、企業向けに「信頼関係構築プログラム」などの講演も精力的に行っている。

Media | メディア出演実績

Contact | お問い合わせ

[tel]03-6434-7303 [mail]contact@qreators.jp

ぬまた・あきひろ/”MC型”教師、小学校教諭
1975年東京生まれ。国立大学法人 東京学芸大学附属世田谷小学校教諭、学校図書生活科教科書著者、ハハトコのグリーンパワー教室講師。東京学芸大学教育学部卒業後、インディアナ州立ボールステイト大学大学院で学び、アメリカ・インディアナ州マンシー市名誉市民賞を受賞。スポーツ経営学の修士を修了後、同大学職員などを経て、2006年から東京学芸大学附属世田谷小学校へ。児童の自主性・自立性を引き出す斬新でユニークな授業が読売新聞「教育ルネッサンス」に取り上げられて話題に。教育関係のイベント企画を多数実施するほか、企業向けに「信頼関係構築プログラム」などの講演も精力的に行っている。
著書に『「やる気」を引き出す黄金ルール』(幻冬舎)、『ぬまっちのクラスが「世界一」の理由』(中央公論新社)がある。

ぬまっち公式twitter

東京学芸大学附属世田谷小学校教諭、学校図書生活科教科書著者、ハハトコのグリーンパワー教室講師。インディアナ州立ボールステイト大学大学院で学び、インディアナ州マンシー市名誉市民賞を受賞。スポーツ経営学の修士を修了後、同大学職員などを経て、2006年から東京学芸大学附属世田谷小学校へ。児童の自主性・自立性を引き出す斬新でユニークな授業が読売新聞「教育ルネッサンス」に取り上げられて話題に。教育関係のイベント企画を多数実施するほか、企業向けに「信頼関係構築プログラム」などの講演も精力的に行っている。

NEWS | ニュース

1) クラスでさまざまな賞を取る秘訣は?

徹底的な役割分担の成果です。ゴールは賞金と思い出でした。だから、僕は「みんな、賞金取ってうまいもん食いに行こうぜ」と呼びかけたんです。ほかの先生方は賞金で植樹したり、お花を植えたりするんですけど、それだと思い出に残らないなと思ったので、賞金でヒルトンと吉本のお笑いを見に、「ルミネtheよしもと」へ連れていきました。
あの1日は、子どもたちの一生の思い出になったというか。将来、あの子たちは会う度にあの日のことを話すだろうし、全然違う友だちから「小学校時代ってどうだった?」と聞かれたとき、「ヒルトンで飯食って、吉本観たよ」って言えると思うんですよね。

2) 塾の最終的なゴールは学力アップだと思いますが、小学校の最終ゴールは?

「先生って、子どもたちをどういうふうに育てたいの?」とよく聞かれますが、こう育てたいというものはありません。僕が思うのは、“どう育ってくれるの? どう生きたいの?”ということ。コーチの語源は“馬車”なんです。どんなところへ向かってもいいから、向かった先で楽しくやるのが大事だと思っています。

読売ジャイアンツの鈴木尚広選手っているじゃないですか。3~5年でプロ生活を終える人が多い中、足が速いという特技を活かして1軍で何年も活躍している。勝負どころで必ず出てくる、期待される選手っていうのはすごいなと。
日本はオールラウンダーが好きですけど、鈴木選手のように運動会で活躍する子、計算で活躍する子……など個性を伸ばして、何かしらの分野で活躍できればいいんじゃないかなと、僕は思っています。

3) 個性を伸ばすために、気をつけていることは?

子どもたちがいちばん怖いのは、失敗なんです。そこで、よく話すのは「犬も棒に当たるということわざがあるけど、犬は歩いたから棒に当たったんだ。歩かない人は棒にも当たらないんだ」ということ。
去年開催されたワールドカップで日本は残念ながら予選敗退となってしまいました。そのときも、「選手を批判するな。彼らは日本代表に選ばれ、ザッケローニ監督に認められてスタメンを勝ち取って、あのポジションに走り込んだからミスが起きたわけで、そのまで辿り着けない人はたくさんいるんだぞ」と話しました。
確かに、僕も野球を見ていて選手がボールを見逃すと「プロだろ!?」と批判したくなります。けれど、行動を起こした人のみが辿り着ける場所があるなら、自分でそこまで行けるように行動して欲しいなと思います。

4) 複数の肩書きがありますが、本業は?

あくまでも本業は「小学校の教師」で、ほかの肩書きは教師という仕事を軸とした延長上の活動です。たとえば「学校図書生活科教科書」の編集委員や、全国の小学校高学年クラスを対象とした再生可能エネルギーの授業「グリーンパワー教室」の講師など。 あと、企業向けにチームビルディングなどの講演を行っていますが、こちらはアメリカ留学時代に学んだスポーツ経営学のノウハウを生かした内容となっています。

5) 「小学校の教師」は昔からの夢だったんですか?

まったく考えていませんでした。東京学芸大学に進学したものの、アルバイトの塾講師が順調だったので、卒業後も塾講師を続けるつもりだったんです。しかし、大学でお世話になった先生から留学を進められ、ひとまずアメリカの大学院に通うことに。
帰国後、再び塾講師を始めたのですが、夜が遅い仕事なので、飲み会に誘われても行けないんですよ(笑)。そこで「何か昼の仕事を」と考えていたところ、縁あって、小学校教師のお話をいただくことになりました。

6) いずれにしても、人に「教える」という共通点があるんですね

そうですね。しゃべることが得意だったので、その特技を生かす仕事として教師を選んだ……というのはあると思います。小さい頃から人に囲まれていて、物怖じしない性格でした。実家が料理屋で、宴会場に突入しては音頭を踊り、お客さんからジュースをもらうような子どもだったそうです(笑)。
実はアメリカ留学のきっかけも、この性格のおかげでした。大学時代、研究室の先生に任命されて、教育ツアーでアメリカからやってきた一行のお世話係を務めたことがありました。当時、私は英語がまったく話せなかったのですが、とにかく陽気に振る舞った。その結果、彼らに気に入られ、意味も分からず「イエス!」と答えたら、それが留学の話だったんです(笑)。
ただ、アメリカでの経験は本当に大きかった。スポーツ経営学も勉強になりましたが、それ以外にもコミュニケーションの考え方が変わりました。当時、私は熱血タイプの塾講師で、とにかくひとりでしゃべり続けるような授業でした。“お笑い”で言えば、自分の言動でみんなを笑わせる“ネタ芸人”です。しかし、アメリカでは思うように言葉が出てこないので、ネタ芸人スタイルは通用しない。そこで辿り着いたのが、相手の言動を利用して話を盛り上げる“MC型芸人”でした。

7) そして現在の“MC型教師”のスタイルに辿り着いた?

そうですね。もともとお笑い番組やトーク番組が好きで、明石家さんまさんのトークを見聞きしながら「どう話しているのか」をチェックしていました。そこで気がついたのですが、「教師と児童」の関係はバラエティ番組における「MCとひな壇芸人」に似ているんですよ。
子どもたちとの信頼関係があるからこそ、子どもたちに話題を振り、ツッコミも入れられる。そのほうが活気が出て、子どもたちも発言しやすい環境になると思います。極端な話、楽しくなければ学校じゃないと思ってます。

8) “楽しければ”といっても、授業を楽しませるのは難しいのでは?

やり方ひとつで児童のやる気を引き出すことは可能です。たとえば、合唱で「声が小さい」と音楽の先生に注意されたとき、私はチーム対抗で「カラオケ大会」を開催しました。
ちなみに「チーム」とは「班」のことです。ほかにも「日直」を「キャプテン」と呼ぶなど、子どもたちがカッコイイと思えるような言葉に置き換えています。そうした言葉を用いることによって、自主的に行動する心理に持っていけるようにしています。
話を戻しますが、このカラオケ大会では「最高のパフォーマンスをしたチームから休み時間」と決めました。すると、さきほどの合唱が嘘のように大きな声で歌い始める。「大きな声で歌うのが恥ずかしい」という気持ちから、自然と「大きな声で歌わなきゃ!」と思えるように誘導してあげるんです。
「とにかくやれ!」では、子どもたちは納得しない。作文にしても「今日の食べたいもの」というテーマを与えたところで筆は進まない。この理由は、食べたいものがないからではなく、そもそも文を書きたくないからです。そこで、私はカップラーメンを用意して「『このラーメンの作り方』について、記載された説明文以外の言葉・表現で、とにかくドラマティックに書いてみて」と伝えました。すると、みんな「おもしろそう!」と書き始めるわけです。
ほかにも、掃除の時間には7分前後のJ-POPを流し“このパートは必ず手を止めて、みんなで踊る”ということもやっています。音楽を流す理由は、限られた時間を無駄にしないためです。「2番のサビに入ったから、残りはあと3分くらい」などと認識することで、時間の管理能力を養えるようにしています。まあ、途中で踊ることに関しては「何かバカっぽくて楽しいじゃん」という理由ですけど(笑)。とにかく、やりたくないことに対して、やる気を持たせる工夫が必要なんです。

9) 楽しんだ結果が、勉強していることにつながるんですか?

その通りです。私が日頃から言っているのは「世界一のクラスを目指す」です。「世界一」の定義は、彼らが大人になって小学校時代の思い出話をした際、ほかの誰よりも楽しく話せること。小学校の思い出話で盛り上がる内容は、変な先生や失敗談、変わった出来事なんですよ。「音楽発表会で頑張った」などのポジティブな出来事は、振り返ったときに話題になりづらい。でも、そんなポジティブな出来事も印象深く楽しめるようにして、最終的に昔話として盛り上がって欲しいんです。
そのため、「彼らがやりたい!」と言ったことに対して、それを認める代わりに学習要素を付け加えるようにしています。たとえば「『30人31脚』に出たい」と言い出したときは、「早く走れる必勝法」を国語の調べ学習としてを調べさせ、「ゴールまでの歩数や距離」を算数のわり算とかけ算に組み込みました。彼らは30人31脚で勝つために特訓をしているつもりですが、結果として勉強もしているわけなんです。本来のゴールとは異なることを結果的に学んでいる──この方法を私は“アナザーゴール方式”と呼んでいます。
もちろん、アナザーゴール方式を実行する上で、親御さんへの詳細説明を心掛けています。子どもたちは家で30人31脚の練習の話ばかりするので、親御さんは「ちゃんと勉強しているの?」と不安になってしまいますからね。また、親御さんだけが見られる完全非公開のブログも用意していて、子どもと接する時間の少ないお父さん方にも学級経営に参加していただけるようにしています。

10) 今後やりたいことは?

信念である「世界一のクラス」を継続していくことです。先日、高校生になった教え子たちから「いまだから分かるけど、本当にありがとう。先生は、普通だったら絶対にやらせてくれないことをやらせてくれたんだよね」と言われました。当時は分からなくも、いつか分かる。今後も、振り返ったときに「世界一のクラスだったな」と思ってもらえるような学級経営を続けていきたいです。 ちなみに、去年のクラスは「学校自慢エコ大賞」に参加して優秀賞を勝ち取ったのですが、その賞金3万円で“ヒルトンホテルのバイキング”に行ったんです。彼らが大人になったときにも「俺の小学校時代? 変な先生がいて、掃除の時間に踊ったり、コンクールで賞金ゲットしたり、そのカネでヒルトンホテルでメシ食ったりしたよ」なんて、得意気に語ってくれたら嬉しいですね。 そして最終的に、定年を迎えたら「365日、毎日教え子に食事を奢ってもらいたい」と考えています(笑)。「俺、給料稼いできたよ」と報告されて奢ってもらうのって、何か素敵じゃないですか? そういう日が来るのを心待ちにしています。

TEXT:松本 晋平

このページが気に入ったら「いいね!」

Qreatorsの最新情報をお届けします