Headlogo
about

Profile | プロフィール

のだ・たけし /京都大学ウイルス研究所 教授
1975年生まれ、福岡県出身。北海道大学獣医学部卒業。北海道大学大学院獣医学研究科博士後期課程修了(獣医学博士)。
東京大学医科学研究所にて特任助教・准教授を経て、2015年より現職。電子顕微鏡法を駆使して、ウイルスの増殖を目で視る研究を展開している。
専門はインフルエンザウイルスとエボラウイルス。珈琲とフランス菓子をこよなく愛す。

■主な実績
2006年、インフルエンザウイルスの中を世界で初めて観察し、英科学誌Natureに掲載。
2009年、新型インフルエンザウイルスの電子顕微鏡写真が英科学誌Natureの表紙に採用。

■主な受賞歴
2005年、日本獣医学会より奨励賞授与。
2008年、日本ウイルス学会より奨励賞授与。
2012年、文部科学大臣表彰若手科学者賞授与。
2015年、日本顕微鏡学会より奨励賞授与。

■京都大学ウイルス研究所 ウイルス微細構造研究領域 公式FB

のだ・たけし /京都大学ウイルス研究所 教授
1975年生まれ、福岡県出身。北海道大学獣医学部卒業。北海道大学大学院獣医学研究科博士後期課程修了(獣医学博士)。
東京大学医科学研究所にて特任助教・准教授を経て、2015年より現職。電子顕微鏡法を駆使して、ウイルスの増殖を目で視る研究を展開している。
専門はインフルエンザウイルスとエボラウイルス。珈琲とフランス菓子をこよなく愛す。

■主な実績
2006年、インフルエンザウイルスの中を世界で初めて観察し、英科学誌Natureに掲載。
2009年、新型インフルエンザウイルスの電子顕微鏡写真が英科学誌Natureの表紙に採用。

■主な受賞歴
2005年、日本獣医学会より奨励賞授与。
2008年、日本ウイルス学会より奨励賞授与。
2012年、文部科学大臣表彰若手科学者賞授与。
2015年、日本顕微鏡学会より奨励賞授与。

■京都大学ウイルス研究所 ウイルス微細構造研究領域 公式FB

Contact | お問い合わせ

[tel]03-6434-7303 [mail]contact@qreators.jp

のだ・たけし /京都大学ウイルス研究所 教授
1975年生まれ、福岡県出身。北海道大学獣医学部卒業。北海道大学大学院獣医学研究科博士後期課程修了(獣医学博士)。
東京大学医科学研究所にて特任助教・准教授を経て、2015年より現職。電子顕微鏡法を駆使して、ウイルスの増殖を目で視る研究を展開している。
専門はインフルエンザウイルスとエボラウイルス。珈琲とフランス菓子をこよなく愛す。

■主な実績
2006年、インフルエンザウイルスの中を世界で初めて観察し、英科学誌Natureに掲載。
2009年、新型インフルエンザウイルスの電子顕微鏡写真が英科学誌Natureの表紙に採用。

■主な受賞歴
2005年、日本獣医学会より奨励賞授与。
2008年、日本ウイルス学会より奨励賞授与。
2012年、文部科学大臣表彰若手科学者賞授与。
2015年、日本顕微鏡学会より奨励賞授与。

■京都大学ウイルス研究所 ウイルス微細構造研究領域 公式FB

のだ・たけし /京都大学ウイルス研究所 教授
1975年生まれ、福岡県出身。北海道大学獣医学部卒業。北海道大学大学院獣医学研究科博士後期課程修了(獣医学博士)。
東京大学医科学研究所にて特任助教・准教授を経て、2015年より現職。電子顕微鏡法を駆使して、ウイルスの増殖を目で視る研究を展開している。
専門はインフルエンザウイルスとエボラウイルス。珈琲とフランス菓子をこよなく愛す。

■主な実績
2006年、インフルエンザウイルスの中を世界で初めて観察し、英科学誌Natureに掲載。
2009年、新型インフルエンザウイルスの電子顕微鏡写真が英科学誌Natureの表紙に採用。

■主な受賞歴
2005年、日本獣医学会より奨励賞授与。
2008年、日本ウイルス学会より奨励賞授与。
2012年、文部科学大臣表彰若手科学者賞授与。
2015年、日本顕微鏡学会より奨励賞授与。

■京都大学ウイルス研究所 ウイルス微細構造研究領域 公式FB

NEWS | ニュース

PHOTO:栗原洋平

このページが気に入ったら「いいね!」

Qreatorsの最新情報をお届けします