QREATORS

QREATORS

Tel:03-6300-6771 Mail:desk@qreatoragent.jp
株式会社QREATOR AGENT 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-32-11 Kビル3F

アーティスト/妄想監督・市原えつこ

喘ぐ大根から弔いのロボットまで・・・日本人の心の奥底にある信仰心や感性を、デジタルアートで表現するアーティスト

アーティスト/妄想監督

市原えつこ いちはらえつこ

アーティスト、妄想監督。1988年、愛知県生まれ。早稲田大学文化構想学部表象メディア論系卒業。日本的な文化・習慣・信仰を独自の観点で読み解き、テクノロジーを用いて新しい切り口を示す作品を制作する。アートの文脈を知らない人も広く楽しめる作品性から、国内の新聞・テレビ・Web媒体、海外雑誌等、多様なメディアに取り上げられている。主な作品に、大根が艶かしく喘ぐデバイス《セクハラ・インターフェース》、虚構の美女と触れ合えるシステム《妄想と現実を代替するシステムSRxSI》、家庭用ロボットに死者の痕跡を宿らせ49日間共生できる《デジタルシャーマン・プロジェクト》等がある。 2016年にYahoo! JAPANを退社し独立、現在フリーランス。2014年 文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門審査委員会推薦作品に選出。2016年 総務省異能vation(独創的な人特別枠)に採択。
Photo:保田敬介

MEDIA出演情報

2017-03-23

日本テレビ「SENSORS IGNITON」にて「都市のナマハゲ」を出展

2017-03-16

第20回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門 優秀賞(文部科学大臣賞)を受賞

2017-03-08

早稲田ウィークリー アート特集にて「“クサいもののフタ”を開けるアート」掲載

2017-02-17

MBS毎日放送「ナミノリジェニー」にゲスト出演

2017-01-29

個展「デジタルシャーマニズム - 日本の弔いと祝祭」開催につきアーティストトークを開催

2016-12-20

2016年12月20日〜2017年3月12日 NTTインターコミュニケーションセンターにて個展「デジタルシャーマニズム - 日本の弔いと祝祭」を開催

2016-12-17

美術手帖 ART NAVI「MEETING THE ARTIST - 期待のアーティストに聞く!」に掲載

2016-11-01

ISID(電通国際情報サービス)イノラボのコラボレーションパートナーに就任

2016-10-24

日本テレビ「月曜から夜ふかし」に出演

2016-10-21

総務省「異能vation」が「デジタルシャーマン・プロジェクト:家庭用ロボットへの故人の身体的特徴のインストール」を採択

2016-10-05

渋谷のラジオ出演

LINK

関連 QREATORS

関連 TAG

プロフェッショナルのための
クリエーターのカタログサイト
アイデアが見つかる。
仕事が生まれる。

プロフェッショナルの
目線に合わせた独自のカテゴリ、
今話題の情報、時期に合わせた
旬のキーワードを軸に
あなたが求めるQREATORを
ご紹介します。