Headlogo
about

Profile | プロフィール

はやかわごみ/ファッションデザイナー
1995年、東京都生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン学科2年在学中。高校時代から創作活動を始め、大学生になって立ち上げた胸の小さな女性のためのランジェリーブランド「feast by GOMI HAYAKAWA」は「品乳ブラ」として一躍有名に。2015年に株式会社ウツワを興し、代表取締役に就任。同年5月にラフォーレにてポップアップ出展。泰文堂から6月にランジェリー付きムック本『feast CollectionBook 2015 Summer』を発売。

ハヤカワ五味公式twitter

1995年、東京都出身。多摩美術大学グラフィックデザイン学科2年在学中。高校時代から創作活動を始め、大学生になって立ち上げた胸の小さな女性のためのランジェリーブランド「feast by GOMI HAYAKAWA」は「品乳ブラ」として一躍有名に。2015年に株式会社ウツワを興し、代表取締役に就任。同年5月にラフォーレにてポップアップ出展。6月にランジェリー付きムック本を発売。『feast CollectionBook 2015 Summer』(泰文堂)

Media | メディア出演実績

Contact | お問い合わせ

[tel]03-6434-7303 [mail]contact@qreators.jp

はやかわごみ/ファッションデザイナー
1995年、東京都生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン学科2年在学中。高校時代から創作活動を始め、大学生になって立ち上げた胸の小さな女性のためのランジェリーブランド「feast by GOMI HAYAKAWA」は「品乳ブラ」として一躍有名に。2015年に株式会社ウツワを興し、代表取締役に就任。同年5月にラフォーレにてポップアップ出展。泰文堂から6月にランジェリー付きムック本『feast CollectionBook 2015 Summer』を発売。

ハヤカワ五味公式twitter

1995年、東京都出身。多摩美術大学グラフィックデザイン学科2年在学中。高校時代から創作活動を始め、大学生になって立ち上げた胸の小さな女性のためのランジェリーブランド「feast by GOMI HAYAKAWA」は「品乳ブラ」として一躍有名に。2015年に株式会社ウツワを興し、代表取締役に就任。同年5月にラフォーレにてポップアップ出展。6月にランジェリー付きムック本を発売。『feast CollectionBook 2015 Summer』(泰文堂)

NEWS | ニュース

1) 「ハヤカワ五味」とは?

「GOMI HAYAKAWA」、「feast by GOMI HAYAKAWA」というブランドで、アパレルを通じて人をデザインする活動をしています。今年になって、デザイナー「ハヤカワ五味」をマネジメントする会社、株式会社ウツワを立ち上げました。代表取締役は本名の私、稲勝栞(いなかつ・しおり)です。
ハヤカワ五味は学生でもあります。多摩美術大学グラフィックデザイン学科に在籍する2年生です。

2) 今の活動に至るきっかけを教えてください

それまでファッションにはまったく興味がなかったのですが、中学2年の時に古屋兎丸さんの『彼女を守る51の方法』という漫画を読んで、そこで強く生きる女の子が着ているゴスロリに惹かれ、着てみたいと思うようになりました。
ただ、雑誌『Zipper』や『KERA』で出会うまでは、どこで売っているのか分からなかったし、分かっても、高くて買えなかったので、いつからか自分で作って着るようになりました。そして、同じ趣味の人とSNSでつながることで、私は性格も立ち居振る舞いも属するコミュニティも変わって、人生そのものが変わりました。

その後、高校2年生の時に初めてデザインフェスタに個人で出展し、『キリトリ線ストッキング』を発売したところ、多くの人に話題にしてもらえました。
ただ、この頃は全部自分でやろうとしていて、負担は大きくなるし、うまくいかないしで……パフォーマンスの悪さを感じていました。

そういったことを通じて、欲しいもの、作りたいものを作りながら、それをどうやってシェアするかを考えるようになりました。どんなにいいものを作っても、その情報が広がらないと、私のクリエイションに合う人にたどり着かないからです。
今は、いろんなことができる人と組めるようになってきたので、今後は仕事の幅を広げていきたいと思っています。

3) “シンデレラバスト”を持つ女性のための「品乳ブラ」は、なぜ大きな支持を得られたのだと思いますか?

私自身が、消費者そのものだからです。
これまでのランジェリーは、「小さなバストは大きく見せるべき」という考え方で作られていました。でも私たちは、別に大きくなんて見せたくなくて、自分に似合うものが欲しかった。そのニーズがあるのは私自身がよく分かっていました。

4) 仕事で大切にしていることって何ですか?

基本的に、仕事は楽しむことにしています。楽しまないと、それがお客さんに伝わるからです。楽しんで作ったプロダクトでなければお客さんに楽しんでもらえません。
「これがお客さんの手もとに届いた瞬間に、どういう反応が返ってくるだろう?」と考えると、寝てなくてもしんどくても楽しくなってくる。それを楽しめない人は、デザイナーに向いていないと思います。

どんなにギャラの高い仕事でも、私やメンバーに向いていない仕事や、モチベーションが上がらない仕事は受けません。クオリティの低いものを出すことになって、ブランドを下げてしまうのは嫌だからです。ですが、ギャラが安くても、テンションが上がるもの、勉強になるもの、そしてスタッフの経験になる仕事は優先的に受けています。

5) 「ハヤカワ五味」という集合体を運営するために心がけていることは?

メンバーを尊敬する気持ちを持って、プロジェクトを進めるということです。
私は、“尊敬を表現すること=相手に適切な仕事を頼むこと”だと思っているので、メンバーが得意なもの、専門にしているものしかお願いしないし、上がってきたものには心から感謝します。

私は企画しかできないので、メンバーがやってくれることは本当にありがたいし、尊敬しています。だから、みんなと私は同じような年齢にもかかわらず、気持ちよく動いてくれるのかもしれない。今後そうやってお互いを尊敬し合うことで、集合体としての「ハヤカワ五味」のクリエイションの質を上げていきたいです。

6) 仕事でもっとも興奮する瞬間はいつですか?

夜なべしてつくったものがお客さんの手に届いて、そしてレスポンスが帰ってきた瞬間です。
展示会もショーも、準備をしているときは「もう次は絶対にやらない」と思うし、そう言うんだけど、でもしっかりと反応が返ってくると、次のことを考えるようになります。

「品乳ブラ」は、病気でバストの下が陥没している人、背骨がまっすぐではない人がすごい喜んでくれた。彼女たちの感想がツイッターに上がっていて、予期していなかった人たちから、涙ながらに御礼を言われると、こっちも泣きそうになります。そうやって人の世界観を、生活を、人生を変えることが、人をデザインするということだと思っています。

7) これからどういう人間になっていきたいですか?

クリエーターもお客さんも含めて、巻き込んだ人のことを幸せにしたい。幸せな人生に変えることがやり甲斐だと思っています。
稲勝栞としては、今までまったく生き甲斐がなかったのですが、「ハヤカワ五味」を支えて、成功させられればと思います。「品乳ブラ」もはじめは絶対売れないっていろんな人から反対されました。何が売れるかなんて分からない。だから稲勝栞は、「ハヤカワ五味」のマネージャーであり、いちばんの理解者なんです。

8) では、「ハヤカワ五味」としての将来の野望を聞かせてください

私のクリエイションで誰かの人生を変えること。これをしなきゃ死ねません。ロリータ服と出会って私の人生が変わったように、「ハヤカワ五味」と出会った誰かの人生を変えたい。
そして、その規模をどんどん大きくしていきたい。それが、デザイナーとしての野望です。そのために、今はクオリティを上げていくことに専念しています。

また、これまでは客側として憧れていた場所で展示会をするなどして、壁を乗り越えて成長していきたいですね。
たぶん私は30歳半ばくらいまで、今のような発信を続けていくと思いますが、その後は、次世代のサポートに回りたいと思っています。そして、私がここに至るまで感じてきたハードルを取り払っていきたい。そうやって、今度は“若い人”をデザインしていきたいんです。

TEXT:片瀬 京子

PHOTO:神藤 剛

このページが気に入ったら「いいね!」

Qreatorsの最新情報をお届けします