いきものがかり水野×CMプランナー福里「自分を出す人」ほど、ヒットを出せない理由【中編1/2】

2015.6/19

Sato title0608

ヒットはどうやったら生まれるの?
前回に引き続き、CMプランナーの福里真一さんと、3人組音楽ユニット「いきものがかり」リーダーの水野良樹さんに話を伺います!
前編はこちらから

150525 qat0273
求められていることから、逃げない

水野 福里さんはCMを考えるとき、商品から始めるということでしたが、商品からはじめた時ってホントに自分をゼロにできるものですか? 商品が向かいたい方向性と自分の感覚がどうしても相容れない時ってないですか?

福里 少なくとも意識の上では、ことさらに自分を意識しないようにしていますね。とにかくフラットに「この商品だとこういうCMがいいんじゃないか」と考えます。ただ結局、企画を考えるときに、いい企画かどうか、取捨選択しているのは自分なので、ゼロにはなってないんでしょうけど。そうやって知らず知らずにじみ出る自分、くらいでちょうどいいんじゃないでしょうか。

水野 僕の仕事もCMプランナーの仕事と似ているなと思うことがあって、たとえば合唱コンクールの課題曲とか、ドラマとか、その時求められているものをどれだけズバっとど真ん中で表現できるかを考えてます。

福里 「YELL」なんかは求められてるものが、ど真ん中で表現されている感じですよね。ロンドン五輪のテーマ曲(NHK ロンドン2012 放送テーマソング)だった「風が吹いている」もそうですけど、課題から逃げないというか、ズバッと勝負しているという感じがします。

水野 そうですね。課題に対してはなるべく逃げないようにしていて、たとえば「風が吹いている」を作ったのは2012年ですけど、当時みんながパッと思いつくオリンピックソングといえば、ゆずさんの「栄光の架橋」だったんですよ。体操の実況で使われたことで、今でもそのときのワンシーンと一緒に思い出されたりする。だからこそ、そういうシーンをもう一度生み出せないかなということも考えました。さらに、震災が起きたすぐ後だったので、「オリンピックをやってる場合じゃない」という人たちも大勢いた。その人たちがどう反応するかとかもできるだけ想像して、そのなかでどういう曲がいいのか、画面を想像して曲を書きました。

150525 qat0298

福里 なるほど。どう伝わっていくかを想像するんですね。

佐藤 全部の曲がそうなの?

水野 そうだね。ポッキーのCMソングになった「じょいふる」も、女子高生とか若いOLさんとかが歌ってるのを、サラリーマンが「なんだこの曲」みたいに隣で見てたり、渋谷の街頭で流れてるシーンだったり、曲が歌われる場面とか、聴かれる場面をすごい想像しました。その場面に相応しいど真ん中の曲はなんなのか? をいつも考えてますね。

佐藤 でも極端な話、ひとりの人に届けばいいって考え方もあれば、マスに届けたいという考え方もあるよね。どっちを考えて曲を作ってる?

水野 僕はマスだけを考えてるね。

福里 でも、音楽系の人ってへそ曲がりの方が多いイメージだから、それって珍しいんじゃないですか。「求められている通りにはやらないぞ」みたいな感じの人が多いと思うんですけど(笑)、やっぱりそこも思春期に疎外感を感じすぎて、一周して真ん中に戻ってきたみたいなことなんですかね。

水野 たぶんそういうことだと思います(笑)

福里 でもそれがちゃんとできるというのは、やっぱりすごい才能ですよ。一橋(大学)から商社とか金融とかにいかなくて本当によかったですよ(笑)
 
水野 アハハ! できてるかどうかわからないですけどね(笑)。ど真ん中が似合うボーカルに巡りあえたのも運がよかったです。

次ページにつづく

Interview/Text: 末吉陽子
Photo: 神藤 剛

このページが気に入ったら「いいね!」

Qreatorsの最新情報をお届けします

水野良樹

みずの・よしき/3人組音楽ユニット「いきものがかり」のギター&リーダー。メジャーデビュー10年目の幕開けとなる全国ツアー「いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! 2015 〜FUN! FUN! FANFARE!〜」を開催中。30枚目のシングル「あなた」も絶賛発売中。

http://ikimonogakari.com

福里真一

ふくさと・しんいち/CMプランナー、コピーライター、文筆家。1968年生まれ、神奈川県鎌倉市出身。一橋大学社会学部卒業後、92年電通入社。2001年よりワンスカイ所属。これまでに1000本以上のテレビCMを企画・制作。主な仕事に、樹木希林らの富士フイルム「フジカラーのお店」、サントリーBOSS「宇宙人ジョーンズ」、トヨタ自動車「こども店長」「ReBORN 信長と秀吉」「TOYOTOWN」など多数。著書に『電信柱の陰から見てるタイプの企画術』(宣伝会議)、『困っている人のためのアイデアとプレゼンの本』(日本実業出版社)。月刊『創』に「このすばらしき、ろくでもないCMプランナー」連載中。

http://qreators.jp/qreator/fukusatoshinichi

SPECIAL

S img 6903

メディアがファッションをオカシくしてる?「買う」ことだけが正しい時代じゃない

SPECIAL

Maedapresen

本当に伝えたいことは何か?「社内プレゼンの資料作成術」著者が考える、「伝える」ことの本質

SPECIAL

%e8%a7%92%e7%94%b0%e5%85%88%e7%94%9f5

たった数分でアナタの人生を好転させる。TVプロデューサー角田陽一郎式発想術——前編