恋愛しない大人が増えたのはなぜ?【前編1/2】

2015.6/15

Hakunetu titlelove

大人はどうして、恋に落ちなくなったのかーー。
草食化や、結婚率の低下が話題になっている日本。
以前とは変わってきた大人の恋愛事情について、3人のクリエイターに本音で語ってもらいました。

 d806743 2
日本の恋愛事情、問題はどこに?

ーー本日はお集まりいただいたみなさまで、「日本の恋愛事情について」をテーマに、鼎談をしていただきたいと思っております。そこでまず、恋愛的なことも絡めて自己紹介をお願いします。まずは犬山紙子さんから!

犬山 犬山紙子と申します。もともとはニートだったんですけれども、4年前に『負け美女』というブログの内容が本になったので、それからコラム二ストをやらせてもらっています。負け美女っていう本を出しているから、私が負け美女、つまり美女を自称していると勘違いされてるんですけれど、違います(笑)。今は原稿を書いたり、コメンテーターをしたりという活動をしています。

草彅 自称じゃなくても、お美しいですよ。美女ですもん!

犬山 いえいえ……とんでもない(笑)

OLIVIA 負け美女はどういう経緯でつけたんですか?

犬山 負け美女は、私の周りのアラサー女子たちを見て、すごく綺麗で「彼氏欲しい、結婚したい!」って思っているのにできない子が多いよねという状況を見て、その彼女たちを負け美女と名付けたという背景があります。私の情報としては、33歳既婚です。よろしくお願いします!

OLIVIA 私は夫婦コミュニケーションアドバイザーをしています。コラム執筆も行っているのですが、もともとはセックスアドバイザーという肩書きで、大学の卒業論文では女性のマスターベーションについて書いていました。女性の性が国内や海外でどう見られているのかに興味があって、日本人女性のセックスとはどういうものであるのかを21歳くらいから研究しています。なので、私はどちらかというと恋愛の一部であるセックスの専門的な研究をしている感じです。性行為についての考察が得意です(笑)。35歳独身で、結婚したいし子どもも欲しいと思っています。

草彅 僕は39歳で独身です(死にたい)。人生で一度も結婚していないので、超結婚したいです! けど、最近もういいかなぁ……って迷いもある。今日はおふたりの意見を聞いて、どっちにしようか決めようかと(笑)。女性もアラサー以降は悩む方がいらっしゃると思うんですけれど、男性も意外と悩むものかもしれないですね。仕事は、東京ピストルというクリエイティブの会社をやっていて、今期で10年目になります。

犬山 すごい。そうだ、20代の時にはもう会社を興されてたんですよね。

草彅 本職は編集者で、29歳のときに起業しました。ほかにコンサルティングやベンチャー、カフェやグラノーラ専門店(GANORI)とか3店舗、いろんなビジネスを走らせて……。

Kusanagi qreative03

犬山 うわー。そんなに責任負えないですよ。お店だけでも3店舗!

草彅 同じことを長年続けていくるは、僕の性格上飽きてしまうんですね。何なんですかね、「飽きる」っていうのは人生の最大のテーマだと思っていて、編集という仕事はすごく好きなんですが、本だけ作っているとだんだん他のことがやりたくなるんです。恋愛ではマンネリをどう解消するのかがよく議論されますね。僕は好きになったらまったくマンネリしないタイプです。ただ仕事は飽きっぽい(笑)

次ページ「草食系が増えたワケ」につづく

Interview/Text: 小松田 久美
Photo: 保田敬介(人物)

このページが気に入ったら「いいね!」

Qreatorsの最新情報をお届けします

犬山紙子

いぬやま・かみこ/エッセイスト、コラムニスト。『負け美女』でデビュー後、「負け美女研究家」として雑誌やテレビなどで活動。現在、日本テレビ系「スッキリ!」の水曜日レギュラーコメンテーターを務めるなど、アラサー女子の代弁者として大人気。近著に『地雷手帖 嫌われ女子50の秘密』(文藝春秋)がある。

https://twitter.com/inuningen

OLIVIA

おりゔぃあ/「世の中をご機嫌な女性でいっぱいにする!」をライフテーマに、2007年よりカップルや夫婦、性に関する総合アドバイ ザーとして活動開始。夫婦の悩みに耳を傾けているうちに、夫婦コミュニケーションの問題の根深さに気づく。テレビ、ラジオ出演をはじめ、さまざまなメディアでのコラム執筆、各地でのセミナーの開催など、「LIVE」と「メディア」をバランスよく取り入れ、情報発信を行う。

http://qreators.jp/qreator/olivia

草彅洋平

くさなぎ・ようへい/株式会社東京ピストル代表取締役、編集者。あらゆるネタに対応、きわめて高い打率で人の会話に出塁することからついたあだ名は「トークのイチロー」。株式会社イデー退社後、2006年株式会社東京ピストルを設立。ブランディングからプロモーション、紙からウェブ媒体まで幅広く手がけるクリエイティブカンパニーの代表として、広告から書籍まで幅広く企画立案等を手がける次世代型編集者として活躍中。

http://qreators.jp/qreator/kusanagiyohei

SPECIAL

2015 06 24 19.27.32 1 01

落合陽一が語る: コンピュータデザインの未来とは

SPECIAL

Img 7132a 01

サイエンティストの発想法から学ぶ、テクノロジーがつくるイノベーションのかたち

SPECIAL

4108447491 8e0853d1e6 b

テレビやネットで話題沸騰。ディグラム診断で視る、あなたの新春・結婚期待度!!