食べることは癒し!

2015.6/8

Komatsu hamarimono 01 1024
QREATORの “どハマりアイテム” 小松ゆり子編

「You are what you eat 」よく言われることですが…人は食べたものからしか作られない!
そして、「食べることは癒し」でもある。

2011年の震災直後に2週間滞在したサンフランシスコ。
現地のファーマーズ・マーケットの食材を使って友達が作ってくれたシンプルな料理が、震災の後に澱のように心にジワジワと溜まっていた不安感を癒してくれたのを覚えている。
……ということで、現在の私のハマリものは青山の国連大学前で毎週末開催されるファーマーズ・マーケット。

プリプリのゼリーのようで、噛みしめるとジュワッと果汁が染み出す旬の柑橘類。
一粒一粒がもっちり噛みごたえのある岡田発酵工房の納豆。
ふわモチ感がたまらないGURUATSUの豆乳マフィン&スコーン、
その香りに癒されるアンドロメダエチオピアコーヒー、リーズナブルにたくさん買えるワサワサ青々としたパクチーやルッコラ…などなど、体に栄養だけでなく精気をみなぎらせてくれるフレッシュな食べ物がたくさん。

凝った料理はせずにシンプルな食卓でも、生きている喜びが、実感となってみなぎります。
こんなオージャスに満ちた食材をつまみながら、昼からワイン飲んじゃったりしたらホント極楽浄土なのです。

このページが気に入ったら「いいね!」

Qreatorsの最新情報をお届けします

小松ゆり子

こまつ・ゆりこ/ノマディック・セラピスト、 Touch for World代表
東京都生まれ。前職のレコード会社に勤務していた頃、周囲の人々が多忙により心身を壊しがちになったことから“香り”によるストレスケアに興味を持ちはじめる。30歳で退社後、本格的にセラピーの世界へ。アロマオイルを用いたボディーワークに、ホットストーンやクリスタルを加えた独自の施術、ヴァイタル・タッチセラピーを確立。体に触れながら、その人の心まで意識して行うセラピーが、高感度な女性や著名人を中心に人気を集める。プライベートアトリエ「corpo e alma」の運営をはじめ、スクールでの講師、イベントでの出張セラピーなど、セラピストのイメージを一新するような、柔軟なワークスタイルで活動を続ける。

http://qreators.jp/qreator/komatsuyuriko

SPECIAL

Shutterstock 226757083

いじめ、ストーカー問題……「遊び」がないと社会問題が起こる!?今こそ必要な「遊び」の正体

SPECIAL

2015 06 24 19.27.32 1 01

落合陽一が語る: コンピュータデザインの未来とは

SERIES

Partynakamurae smartphone

オシャレなクリエイティブディレクターだって、ツムツムしたい!