ロンブー淳、電撃移籍宣言!? 新しい働き方、生き方を考える【後編1/2】

2015.6.1

Sato title1200
さとうの勉強会。働くってどういうこと?【後編】

これまで2回にわたり、ロンドンブーツ1号2号・田村淳氏、MUGENUP代表・一岡亮大氏との「働く」についての赤裸々トークを掲載してきました。
(前編)
(中編)

さて、今回3回目にして待望の完結編。
働くってどういうこと? その結末はいかに!?

150418 qat064
フレームから外れろ

一岡 僕、前職は金融マンだったんです。

淳 えっ!?

佐藤 一岡さんは、バリバリの銀行マンだったんですよ。

淳 こんな人が!?(笑)

一岡 それはあながち間違ってませんよ。死んでも行かないような業界に行こう
と思って、銀行に入ったんで。

淳 すごい選び方すんなぁ(笑)

一岡 エンジェル投資のように新しい産業や雇用を生み出すというカタチは、本当に新しい考え方じゃないですか。昔はそんな考え方、なかったですもん。銀行がお金を貸して、連帯保証とって。ダメだったら、そちらから返してくださいというのが昔。でも今は違う。「こういうコンセプトでやるからお金くれ」ってやって、結果ダメで貸してくれなくても、「自分はこういうコンセプトを発信できたんだ」っていう痕跡だけは残るんですよ。これ、大きな違いですよね。「チャレンジした結果ダメだったけど、またチャレンジできるぜ」ってことなんですから。だって最初に必要な資金って、300万円くらいですよ。お金のある人からすれば、そんなに高額ではない。車買うのか、その人に投資するのかって話なんで。夢を持った人がどんどんチャレンジできる土壌ができあがれば、フレームから外れたくないっていう人も減っていくと思うんです。

淳 俺、エンジェル投資したくなってきたな。

一岡 僕、そういう業者じゃないんですけど(笑)、淳さん向いてると思うんで。

佐藤 ふと思い出したんですけど、一岡さんのヒーローって堀江さん(堀江貴文氏)とかだったりしたんですよね?

一岡 堀江さん……ホントもったいなかった。ライブドアって、すごい会社だったんです。だって、時価総額8千億円だったんですよ!? だから、やり方なんですよね……。

淳 堀江さんは新しすぎたんだろうね。

佐藤 堀江さんと対談したことあるんですが、そのときに「マネージャーがいれば、こんなことにはならなかった」って言ってましたね。

淳 メディアを敵にする怖さを侮ったんだろうね。マスメディアとの付き合い方をちゃんと考えないと、検察がすぐに入ってきちゃうから(笑)

一岡 そうなんですか?

淳 世間的に抹殺されちゃいますから。でもホリエモンさんはすごいですよ、そこから這い上がってきたんだから。で、話聞くと、また今もおもしろいことやってんだよなー。

一岡 メディアとの向き合い方がちゃんと分かってる人が世に出て、いろいろやるべきなんですよ。そうしたら賛同も多く得られて、それによって救われる人がたくさん出てくる。そうすれば幸せになる人が増えて、ネガティブな感情が世の中から減っていく。そうなったらいいなって、思いますね。(ものすごく小声で)俺、頑張ろう……。

佐藤 小声ゆえに、本音感が伝わってきました(笑)

150418 qat099
金銭に縛られない自由、そして覚悟

淳 「頑張る」ってことで言うと、俺、結婚してからちょっと思うことがあって。

佐藤 何ですか?

淳 「嫁を食わせられなくなったら嫌だな」って頭によぎるんですよ。だから嫁に確認したんです。「俺の仕事がなくなって、メシを食わせられなくなってもいいか?」って。その賛同を得られないと、新しいことができないなと思って。大きな一歩を踏み出すときに、嫁のせいにするのは嫌だと思ったから。そう嫁に伝えたら「私は全然いい」と。「パンを作るのが得意だから、パンを焼いて生活する」って言ったんですよ(笑)

一同 爆笑

淳 実際、そのパンが売れるかどうかは分からないけど、その覚悟があるならいいかなって(笑)

一岡 いい話だなー、それ(笑)

淳 でも実際、みんな家庭があるから、そこは何かのブレーキ材料にはなってると思う。だから各々の家庭で、路頭に迷ったらどうするかは話し合っておいといたほうがいいと思うけどな。佐藤んとこは、そういう話し合いしてんの?

佐藤 ウチは大丈夫です。「最悪、ネズミが出るようなアパート暮らしになってもかまわない」って言ってもらってますし。

淳 そういう覚悟があるなら、何をやったって生きていけるんだよね、この国は。

一岡 逆に「何やったって生きていけるよ」っていう人じゃないと、世の中を変えることはできないですよ。もっと言えば、そういう人たちは金銭に縛られないので、とても自由なんです。それで「物を買うより、世の中を変えてくれる人にお金を出したほうがおもしろいじゃん」って人が増えれば、次なる〝金銭に縛られない人たち〟を生み出すわけで、いい循環になると思いますね。

淳 確かに、このご時世で、金銭に縛られない人は真の自由人かもね。

次ページにつづく

Interview/Text: 村橋ゴロー
Photo: 森弘克彦

このページが気に入ったら「いいね!」

Qreatorsの最新情報をお届けします

田村 淳

たむら・あつし/ロンドンブーツ1号2号。1973年、山口県出身。「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)をはじめ、さまざまなバラエティ番組に出演。4月14日からは新番組「淳・ぱるるの◯◯バイト!」(フジテレビ系)がスタートしたばかり。バラエティのみならず、ラジオ「田村淳のNews CLUB」(文化放送)では社会派番組へも積極的に取り組む。Webサイト「淳の休日」でもさまざまな企画を展開中。

https://twitter.com/atsushilonboo

一岡亮大

いちおか・りょうた/株式会社MUGENUP 代表取締役。1986年、北海道出身。大学在籍時にシステム受託の会社を設立、システム開発に従事する。2010年、三井住友銀行入行、法人営業に従事。フリーランスエンジニアへ転身後、11年6月に株式会社MUGEN UPを設立、代表取締役に就任。「Job Creation 2014」で1位を受賞。「プロダクトがデータから作られる時代の、デザインデータメイカー」をテーマに法人向け2D・3D制作プラットフォーム「MUGENUP station」(https://station.mugenup.com/)を展開している。

http://qreators.jp/qreator/ichiokaryota

SPECIAL

%e3%82%ab%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%bc %e5%b8%af

「腸内フローラ研究の最前線」と「自分でできる腸内フローラ改善法」の決定版!

SPECIAL

Taigo151222a

芸術は縛られない。拘らず多彩な表現を行う、異端の書道家・渡部大語

SPECIAL

Sheiwanoniji

平和への思いをダンスに込めて。振付師と映像作家が作る、社会に対する新しいかたちの「デモ」